2018年度重賞レース予想結果

『先週の結果』
第25回平安ステークス(G3) 5940円的中!
第79回オークス(G1) 1190円的中!

1月の成績
第67回中山金杯(G3) ハズレ!!
第56回京都金杯(G3) ハズレ!!
第55回愛知杯(G3) ハズレ!!
第65回日経新春杯(G2) 1680円的中!
第35回東海ステークス(G2) 4260円的中!
第59回アメリカJCC(G2) 460円的中!
第23回シルクロードS(G3) 3200円的中!
第32回根岸ステークス(G3) 2010円的中!
的中率 62.5%
回収率 157%

2月の成績
第68回東京新聞杯(G3) ハズレ!!
第111回京都記念(G2) 2830円的中!
第68回ダイヤモンドステークス(G3) ハズレ!!
第53回京都牝馬ステークス(G3) 860円的中!
第52回小倉大賞典(G3) ハズレ!!
第35回フェブラリーステークス(G1) 1140円的中!
第62回阪急杯(G3) ハズレ!!
第92回中山記念(G2) 1980円的中!
的中率 50%
回収率 56%

3月の成績
第13回オーシャンステークス(G3) ハズレ!!
第35回第36回中山牝馬ステークス(G3) 1980円的中!
第54回金鯱賞(G2) ハズレ!!
第66回阪神大賞典(G2) 1290円的中!
第66回日経賞(G2) ハズレ!!
第25回マーチステークス(G3) ハズレ!!
第48回高松宮記念(G1) ハズレ!!
第50回ダービー卿CT(G3) 3890円的中!
的中率 38%
回収率 53%

4月の成績
第62回大阪杯(G1) 2410円的中!
第61回阪神牝馬ステークス(G2) 16680円的中!
第78回桜花賞(G1) 480円的中!
第23回アンタレスステークス(G3) ハズレ!!
第78回皐月賞(G1) 12880円的中!
第15回福島牝馬ステークス(G3) ハズレ!!
第48回マイラーズカップ(G2) 1270円的中!
第157回天皇賞・春(G1) 1030円的中!
的中率 75%
回収率 256%

5月の成績
第40回新潟大賞典(G3) ハズレ!!
第23回NHKマイルカップ(G1) ハズレ!!
第63回京王杯スプリングC(G2) ハズレ!!
第13回ヴィクトリアマイル(G1) ハズレ!!
第25回平安ステークス(G3) 5940円的中!
第79回オークス(G1) 1190円的中!
的中率 33%
回収率 55%




第85回日本ダービー(G1)

1 ダノンプレミアム
「皐月賞を目標に調整をしていましたが、挫石のために自重し、ダービーに切り替えることにしました。約2週間ほど調教ができませんでしたが、その後は順調にきています。さすがに休ませたことで筋肉に緩みは出ましたが、1週前の追い切りの動き、息遣いなどは問題ありません。今日の追い切りはリズム重視の形でしたが、輸送などを考慮したモノ。動きは良かったと思います。弥生賞で少し力みが見られたので、距離の延長がどうかと思いますが、その点を意識しての調整をしてきましたからね。こればかりは走ってみないと分かりませんが、学習能力の高い馬ですから。相手関係や位置取り云々はともかく、自分のリズムで走ることができれば……と思っています」(中内田調教師)。

◎皐月賞を挫石で自重。ダービーに目標を切り替えて臨む今回だが、本格的な調教は5月10日のCWで6ハロンから馬ナリ。ここまで4戦4勝。能力の高いことは成績が示す通りだが、今回はブッツケ挑戦。しかも初コース・初距離を考えると順調に使ってきた組との差を無視するワケにはいかないだろう。能力は認めるが穴の評価が妥当なのかも。

2 タイムフライヤー
「前走(皐月賞)の結果を見ると、2走前(若葉S)の疲れが抜け切っていなかったのかもしれませんね。1週前にジョッキーに乗ってもらって、CWで長目から併せ馬をしましたが、いい動きでした。今日は少し軽過ぎたので、金曜日に微調整をする予定です。長距離の適性があると思うし、東京コースも合いそうな馬。前走時よりデキが上向いているので、この馬本来の力を出せれば……と思っています」(松田国英調教師)。

◎皐月賞(稍重)はゲートを五分に出て、中団に付ける。流れに乗って競馬はできていたが、直線で追い出されてからの伸びはサッパリ。勝ったエポカドーロから1.1秒差の10着。年明けの2戦が物足りない内容で、どこまで立ち直ってくるかがカギになりそう。

3 テーオーエナジー
「血統的にダートで活躍している馬が多く、本馬場にも入れたことがないので適性は分かりませんが、体が柔らかく、手先の軽い走りをするので芝もこなせそうな感じがします。ただ、今回は相手が強くなるし、初距離・初コースと条件面は厳しいですからね。自在性があってスタミナにも不安がないので、どこまでやれるかですが、少しでも上を目指して頑張って欲しいと思っています」(増井調教助手)。

◎兵庫チャンピオンシップ(園田・JpnII・ダート1870m・稍重)は逃げたビッグスモーキーの4番手を追走。4角で前との差を詰め、直線は楽に後続を突き放して2着のビッグスモーキーに5馬身差を付ける楽勝。しかし、今回は初芝に加えて、強豪揃いのダービー。様子見が妥当だろう。




4 アドマイヤアルバ
「前走は距離延長とツーターンの競馬でしたが、勝ちにいったぶん甘くなりましたが力は見せてくれたと思います。1週前にCWで併せ馬。馬ナリでサラッとでしたが、今週はジョッキーの騎乗で一杯にやりました。落ち着きがあったし、動きも良かったと思います。本当に良くなるのはもう少し先になると思いますが、重賞でもやれることが分かったし、距離の融通も利くと思います。現状の力でどこまでやれるかを見てみたいですね」(須貝調教師)。

◎京都新聞杯は中団の後ろから。3〜4角にかけて外目を通って進出を開始し、直線もシッカリ伸びてステイフーリッシュから1馬身4分の3差の2着と好走。ここまで{2、5、1、0}と相手なりに走っていた馬。昇級初戦+重賞だったここでも生かされたと言える。しかし、今回はGIのダービー。相手は更に強化され、楽なレースは望むべくもない。

5 キタノコマンドール
「前走でダービーの出走権を取れたので、放牧に出して5月1日に帰厩しました。気候が良くなり、コズミがマシになったのは良かったと思います。2週前、先週と一追い毎に動きが良くなってきたし、今日の追い切りの動きも良かったと思います。左回りの直線が長い東京コース、2400mの距離とこの馬に条件は揃ったと思いますが、前走時に比べて体が少し硬い点がどうでしょう。その分、攻め切れなかった……という気持ちはあります。皐月賞は馬場が緩く、この馬向きではなかったので、あとは切れ味を生かすためにも良馬場でやりたいですね」(池江調教師)。

◎皐月賞(稍重)は12キロ増と太くはないが、やや立派に映る体付き。前半は中団の後ろに付けていたが、向正面ではシンガリにまで下がる。4角でもまだ最後方にいたが、直線で外に出すと最速の末脚で伸びてはきたが、エポカドーロから0.6秒差の5着。全3戦全て最速の末脚から、直線が長い東京に替わる点は◎。展開一つでチャンスはありそう。

6 ゴーフォザサミット
「前走後は1週間ほど軽めの調整をして、疲れが取れてから普通の調教を開始しました。前走から中3週と間隔があまり開いていないので、1週前と、日曜に軽くやりました。今日は併せ馬で馬ナリでしたが、リラックスして走れていたし、無理せず併入できていましたからね。動きも良かったと思います。今回と同じ舞台である青葉賞で強い勝ち方をした馬。これは大きなアドバンテージになると思います。その経験を今回に生かせるようなら……と思っています」(津曲調教助手)。

◎青葉賞は好位で流れに乗る。勝負所の手応えは抜群で、直線は2着のエタリオウの外からアッサリと抜け出して快勝。相手に恵まれたとはいえ、楽勝した力は侮れない。今回と同じ舞台になるダービー。相手は揃うが、軽く扱うことは危険かも。




7 コズミックフォース
「前走から中2週と間隔が詰まっているので、今日はWコースで馬ナリでしたが、動きは良かったですね。いい仕上がりで臨めそうです。距離の延長は問題ないと、前走騎乗したルメール騎手が言っていたので大丈夫でしょう。今回はダービーということで相手が強くなりますからね。胸を借りるつもりで参戦します」(国枝調教師)。

◎約2か月半振りのプリンシパルSは逃げたトーセンクリーガーの離れた好位を追走。勝負所から徐々に進出を開始し、直線は早目に先頭に立ってそのまま押し切って2着のプレステイキングの追撃をアタマ差退けて1着。勝ち時計は優秀で、京成杯2着の実績から軽くは扱えない1頭。馬体が470キロ台に戻っているようなら怖い1頭に。

8 ブラストワンピース
「前走は初めての右回りで1800mの競馬でしたが、前走とは違って前でのレースで楽に抜け出して勝ったように強い競馬でしたね。1週前にシッカリ負荷をかけてあるので、今日はラスト重点でしたが迫力があったし、いい動きでした。放牧から20キロくらい増えて帰厩しましたが、この一追いと輸送とで前くらいの体付きで出られると思います。色々な形のレースで結果を出してくれたし、精神面のケアができたことでメンタル面の成長も見られますからね。ここまで自分が思った以上の走りをしてくれる馬。今回もそうなることを願っています」(大竹調教師)。

◎新馬、特別を連勝して臨んだ毎日杯(阪神)は±0。初の長距離輸送も無難にクリアして好馬体で出走。逃げたウォーターパルフェの2番手に付け、直線は最内を突いてよく伸び、2着のギベオンに2馬身差を付けて快勝。2走前に当該舞台のゆりかもめ賞を勝っており、舞台設定はOK。相手は強化されるが、ここまで3戦全勝。魅力は十分だ。

9 オウケンムーン
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。帰厩後は順調に乗り込んできたし、ここまでは順調に調整ができています。追い切りはあまり動く馬ではありませんが、1週前の動きはマズマズでした。今日はラスト重点でしたが、動き・息の入りともに良かったと思います。前走は出負けをして位置取りが悪くなった上に、馬場の悪い内を走ったことで力を出せず終いでした。本当に良くなるのはもう少し先になると思いますが、重賞勝ちがある東京に替わる点に期待をしたいですね」(国枝調教師)。

◎皐月賞(稍重)は出が悪く後方から。内々を通ってロスを取り戻そうとしたが、馬場の悪い内を走ったことでスタミナを消耗? 直線は伸びを欠いてエポカドーロから1.4秒差の12着。共同通信杯を勝った東京に替わる点はプラス。良馬場で仕切り直しか。




10 ステイフーリッシュ
「2走前の共同通信杯は人馬ともにテンションが上がってしまいましたが、前走は体こそ戻っていましたが、逆に攻め馬が足りない感じでした。それでも勝ってくれたように能力の高い馬です。今回は前走から中2週なので、今日は馬ナリでしたが、前走時より良くなっていることは確かです。鞍上はテン乗りになりますが、今日の追い切りの動きを見ても呼吸はピッタリ合っていたので、むしろ合うのでは……と思っています。脚質に自在性があるので展開を問わないのもいいと思っています」(矢作調教師)。

◎約3か月振りの京都新聞杯は16キロ増と馬体が回復。逃げたメイショウテッコンの離れた2番手を追走。4角ではメイショウテッコンに早々と並びかけ、直線で先頭に立つと、2着のアドマイヤアルバの追撃を難なく封じて1着。GI・ホープフルS3着がフロックではないことを立証。共同通信杯は12キロ減が敗因。東京は問題なく馬体維持なら侮れず。

11 ジャンダルム
「皐月賞はゲートの出が一息で、この馬の競馬ができませんでした。参考外と見ていいと思います。幸いダメージが少なかったし、ゲート練習も含めて、ここまでは順調に調整ができています。1週前にCWでシッカリやってあるので、今日はラスト重点でしたが、ジョッキーもいい感触を得た様子。この距離は長いと思いますが、折り合い面の進境が見られるので、何とかクリアして欲しいですね」(池江調教師)。

◎皐月賞(稍重)は痛恨の出負け。先行タイプの同馬が後方からの競馬になったことで、持ち味の渋太い粘りを生かすことができなかった。結局、エポカドーロから1秒差の9着。今回はコースというより、距離延長が課題。ベストはマイルくらいかも……との調教師のコメントから判断すると、今回は割引が必要になるかも。

12 エポカドーロ
「前走後は短期放牧に出してリフレッシュ。いい雰囲気になって帰厩しました。1週前追い切りはCWでラスト重点でしたが、動きは良かったと思います。今週は馬ナリでサラッとでしたが、体調はキープできているし、ストレスを与えないことを考えればこれで十分だと思います。操縦性が高く、フォームがゆったりしているので距離の延長も問題ありません。輸送も既にこなしていますからね。切れるタイプではないので、瞬発力勝負になるより、ある程度流れてくれるような形になれば2冠の可能性はあると思います」(田代調教助手)。

◎皐月賞(稍重)は先行した3頭から離れた4番手を追走。スプリングSと同じパターンで、自らハナを切っている格好。4角でも手応えは十分。前を行く組が苦しくなったところを楽に交わし、2着のサンリヴァルに2馬身差を付けて快勝。折り合い・血統面から距離延長は問題なく、先行差しの脚質を武器にここでも上位争いに。




13 グレイル
「前走はスタートが一息だったし、直線で2、3回進路を探すシーンがあって6着。中山のコース形態を考えると、厳しい競馬になった割にはよく盛り返してくれたと思います。1週前、今週と追う毎に動きが良くなっているし、皐月賞の時より数段状態は良くなっています。直線が長い東京コースも歓迎材料。共同通信杯の敗因は返し馬でのアクシデントとハッキリしていますからね。あとはゲートを五分に出て、自分のリズムで走れるようなら……ですね」(野中調教師)。

◎約2か月振りの皐月賞(稍重)は出負けをして後方からの競馬。4角でもまだ後ろにいたが、直線は馬群を割って鋭く伸び、エポカドーロから0.6秒差の6着。左回りは問題なく、能力を出し切ればここでも侮れない1頭に。

14 エタリオウ
「1週前にCWでボウマン騎手の騎乗で長目からシッカリ負荷をかけてありますからね。今日は坂路でラスト重点でしたが、仕掛けてからの反応は良かったし、最後まで集中して走れていました。ここまで強い相手と差のないレースをしてきたように、能力は証明済み。まだ伸びシロを秘めている馬だと思っています。前走と同じ舞台でのレースだけに楽しみはありますね」(友道調教師)。

◎500万特別でサトノワルキューレの2着した後に挑戦した青葉賞は好位の外目を追走。4角手前で前に接近し、直線入り口では早くも先頭に。そこから粘りに粘って、ゴーフォザサミットから2馬身差の2着と健闘。ここまで3戦連続2着と相手なりの走りをしていた馬。とはいえ、今回はGIのダービー。上位争いまでとなると疑問符は付く。

15 ステルヴィオ
「前走後は短期放牧を挟み、帰厩後は予定通りのメニューを消化してきました。1週前のWコースでジョッキーに騎乗してもらい、長目からやってあるので、今日は馬ナリでサラッとでしたが、これで十分でしょう。引き続きデキはいいし、折り合いの不安がないので距離も大丈夫。あとは競馬に行って能力を出し切れれば、結果は付いてくるのでは……と思っています」(土田調教助手)。

◎皐月賞(稍重)はダッシュが付かず、後方からの競馬。4角までは折り合いに専念して、ジックリ脚を溜めていた。直線は外目に出して鋭く伸びてきたが、前も止まらず。エポカドーロから0.6秒差の4着まで。コース替わりは問題なく、あとは距離適性があるかどうか、その点がポイントになりそうだ。




16 ジェネラーレウーノ
「前走は厳しい流れを3着と善戦。さすがに疲れが見られました。その後はリフレッシュ放牧に出し、8日に帰厩しました。帰厩した当初は少しスマートに見えましたが、馬体に柔らか味があって、皐月賞の時よりいい雰囲気でしたね。1週前にある程度やってあるので、今日はやり過ぎないように半マイルからでしたが、ラストの伸びが良かったし、いい仕上がりで臨めると思います。まだ色々な引出しを持っている馬だと思うし、行くか行かないかは相手の出方次第。控えても競馬ができる馬ですからね。憧れのレースだけに何か印象に残る結果を……と思っています」(矢野英一調教師)。

◎3か月振りの皐月賞(稍重)は±0と好仕上がり。逃げたアイトーンの2番手をジュンヴァルロと並走の形で追走。馬場を考えるとかなり速いペースだったが、直線ではこれらを振り切って一旦は先頭に。さすがに最後は甘くなったが、エポカドーロから0.6秒差の3着。展開を考えると強い競馬。東京・距離ともにOKで持ち前の渋太さを生かせば……。

17 ワグネリアン
「皐月賞は馬場が悪かったことに加え、後ろからの競馬で直線もそれほど脚を使っていませんでしたからね。力を出し切っていないといった皐月賞でした。幸いダメージが少なかったので、すぐに調教を立ち上げることができました。2週前、1週前とシッカリ負荷をかけてあるので、今日は息を整える程度でしたが、時計的にも予定通りでした。エンジンの掛かりが遅い馬なので小回りの中山は合いません。追って味のある馬なので直線が長い東京は間違いなくプラス材料だと思うので、改めて見直したいですね」(友道調調教師)。

◎皐月賞(稍重)は弥生賞の時よりは落ち着いていたし、前半は折り合いもスムーズ。3角から早目に進出を開始し、直線に入ると一瞬伸びかかったが、最後は伸び負けた格好に。本質的に小回りのツーターンは合わない感じ。エンジンの掛かりが遅い馬で、直線が長い東京に替わる点はプラス。展開がハマるようなら巻き返しは可能。

18 サンリヴァル
「前走がタフな馬場でのレースだったためにトモの筋肉にダメージが見られ、回復に少し時間を要しました。2週前から速いところをやり始め、1週前に坂路で好時計をマーク。今日はCWで併せ馬をしましたが、動きが良かったし、状態はアップしています。血統的に長い距離は合っているし、左回り・輸送も経験済み。長くいい脚を使える馬なので東京コースは合っていると思います。持ち味の渋太さを生かすためにも、直線で併せ馬の形に持ち込めるようならチャンスはあると思っています」(藤岡調教師)。

◎皐月賞(稍重)は12キロ減でも細いというより馬体が締まった印象。離れた好位を追走し、勝ったエポカドーロの後を追うように伸びてくる。最後まで差は詰まらなかったが、2馬身差の2着と好走。切れるというより粘り込むタイプ。直線が長い東京でどこまで粘れるか……その点がカギになりそうだ。




予想:馬連BOX

当日の出来具合で6頭くらいまで絞りたい。

1 ダノンプレミアム

2 タイムフライヤー

6 ゴーフォザサミット

8 ブラストワンピース

12 エポカドーロ

15 ステルヴィオ

17 ワグネリアン

18 サンリヴァル