2018年度重賞レース予想結果

5月の成績
第40回新潟大賞典(G3) ハズレ!!
第23回NHKマイルカップ(G1) ハズレ!!
第63回京王杯スプリングC(G2) ハズレ!!
第13回ヴィクトリアマイル(G1) ハズレ!!
的中率 0%
回収率 0%

1月の成績
第67回中山金杯(G3) ハズレ!!
第56回京都金杯(G3) ハズレ!!
第55回愛知杯(G3) ハズレ!!
第65回日経新春杯(G2) 1680円的中!
第35回東海ステークス(G2) 4260円的中!
第59回アメリカJCC(G2) 460円的中!
第23回シルクロードS(G3) 3200円的中!
第32回根岸ステークス(G3) 2010円的中!
的中率 62.5%
回収率 157%

2月の成績
第68回東京新聞杯(G3) ハズレ!!
第111回京都記念(G2) 2830円的中!
第68回ダイヤモンドステークス(G3) ハズレ!!
第53回京都牝馬ステークス(G3) 860円的中!
第52回小倉大賞典(G3) ハズレ!!
第35回フェブラリーステークス(G1) 1140円的中!
第62回阪急杯(G3) ハズレ!!
第92回中山記念(G2) 1980円的中!
的中率 50%
回収率 56%

3月の成績
第13回オーシャンステークス(G3) ハズレ!!
第35回第36回中山牝馬ステークス(G3) 1980円的中!
第54回金鯱賞(G2) ハズレ!!
第66回阪神大賞典(G2) 1290円的中!
第66回日経賞(G2) ハズレ!!
第25回マーチステークス(G3) ハズレ!!
第48回高松宮記念(G1) ハズレ!!
第50回ダービー卿CT(G3) 3890円的中!
的中率 38%
回収率 53%

4月の成績
第62回大阪杯(G1) 2410円的中!
第61回阪神牝馬ステークス(G2) 16680円的中!
第78回桜花賞(G1) 480円的中!
第23回アンタレスステークス(G3) ハズレ!!
第78回皐月賞(G1) 12880円的中!
第15回福島牝馬ステークス(G3) ハズレ!!
第48回マイラーズカップ(G2) 1270円的中!
第157回天皇賞・春(G1) 1030円的中!
的中率 75%
回収率 256%




第25回平安ステークス(G3)

1 ミツバ
「1週前にCWで長目からシッカリやってあるので、今日は坂路でラスト重点でしたがいい動きでした。前走は勝った馬が強過ぎましたね。今回は直線が平坦な京都に替わる点がどうかですが、前走のようなレースができるようなら楽しみです」(加用調教師)。
◎アンタレスSは前半までは中団に付けていたが、向正面半ばから早目に動き、4角で早くも先頭。そのまま押し切るかに見えたが、外から来たグレイトパールにアッサリ交わされ、1馬身4分の1差2着。勝ちに行く競馬での2着で、勝ち馬が強過ぎたことを考えれば上々の内容。京都は阪神ほどの良績はないが、気の悪さを出さなければ好勝負は可能。

2 コスモカナディアン
「1週前にもある程度やってありますが、今日の動きも単走にしてはいい動きだったと思います。東海Sは多少恵まれた面があったので、重賞では何とも微妙ですが、展開などがうまく噛み合うようなら……と思っています」(金成調教師)。

◎アンタレスSは先団に付けていたが、勝負所の手応えはイマイチ。直線は前がカベになってしばらく追えなかったが、前が開いても最後の伸びは平凡。グレイトパールから1.4秒差の13着。

3 クリノスターオー
「先週も坂路でシッカリ追い切っていますが、今日はCWでビッシリと併せ馬を。調整過程を替えてみましたが、最後はシッカリ走れていましたからね。放牧明けの今回、馬がすっかりリフレッシュできているし、揉まれずにスムーズなレースができれば……と思っています」(高橋義忠調教師)。

◎佐賀記念(佐賀・JpnIII・ダート2000m・稍重)は前半こそ3番手を追走していたが、勝負所から手応えが怪しくなり、ジリジリと後退。勝ったルールソヴァールから3.3秒差の9着。近走は交流重賞主体のローテーション。気難しい面がある馬でアテにはできないが、能力はある馬。明けて8歳になり、ガラッとは変わらないだろうが、衰えはなさそう。




4 サンマルデューク
「前走は流れが向かなかった割に、ラストは脚を使ってくれましたからね。その後は短期放牧を挟んで、ここを目標に調整してきました。1週前にジョッキー騎乗で長目から追いましたが、いい感触を掴んだようでした。今年9歳になりますがまだまだ元気。京都は勝ち鞍があるので頑張って欲しいですね」(児島良太調教助手)。

◎マーチS(55キロ)は出が一息で離れた最後方をハイランドピークと2頭で追走。最後は脚を見せたが、バテた馬を交わした程度でセンチュリオンから1秒差10着。既に9歳。ここ一連の成績からも狙い目は薄い。

5 テイエムジンソク
「1週前にCWでシッカリやってありますからね。今日は馬ナリですが、これはやり過ぎないようにとの配慮からで、動きは良かったと思います。今回は強い馬の存在が見られるし、斤量も重くなりますが、相性がいい京都。この後の帝王賞に向けて好レースを……と思っています」(木原調教師)。

◎東海Sを勝って臨んだフェブラリーSは芝発走をこなして3番手を追走。しかし、マイルの速い流れに戸惑ったのか、直線に入ると脚色が鈍り、ノンコノユメから1.9秒差の12着と大敗。この馬はツーターンの1800mがベストなのかも。今回は得意の京都。自分のリズムで走れるようなら巻き返しは大いに可能。

6 グレイトパール
「この中間、足元の方は問題ないし、長期休養明けを使った反動も見られません。追い切りは動く方ではありませんが、騎乗したジョッキーが『反応が良くなっている』と言っていましたからね。この舞台の実績は文句ないし、ここも期待してもらってもいいのでは……と思っています」(猿橋調教助手)。

◎11か月振りのアンタレスSは8キロ増で少し余裕のある造りだったが、前半は無理をせず中団の後ろで折り合いに専念。向正面過ぎから徐々にポジションを上げ始め、4角では4番手。早目に先頭に立っていたミツバを残り100mで交わして1着。これで休養を挟み6連勝。ダートも6戦全勝と底を見せていない馬。昨年に続き連覇の可能性は濃厚。




7 アスカノロマン
「先週ビシッと追い切ってあるので、今週は馬ナリでサラッと。近走は結果が出ていませんが、力はある馬ですからね。良績がある京都に替わることで変わり身が出れば……と思っています」(川村調教師)。

◎アンタレスSは先団に付けていたが、勝負所では手応えが今一つ。直線では早々と脱落してグレイトパールから1.5秒差の14着。近走内容に冴えを欠いており、得意の京都とはいえ、狙い目は立たず。

8 メイショウスミトモ
「ここまでCWで長目を入念にやってきているので、今日は坂路でラストを伸ばす程度でしたが、いい動きでしたね。今回も58キロと斤量を背負いますが、デキの良さを生かし、ロスのない立ち回りをして少しでも上を目指せれば……と思っています」(南井調教師)。

◎落馬明けになったアンタレスSは出たなりで後方から。道中もこれといった脚は使えず、後方のままに終わり、グレイトパールから1.1秒差の12着。GIIIなら展開一つで通用してもおかしくないが、今回はメンバーが揃った感は否めないか。

9 サンライズソア
「前走は気難しさを出して走り切っていないので、中1週でここを使うことにしました。今日の追い切りは相手が走り過ぎたために遅れましたが、その点は問題ありません。スタートを決めて、前々で競馬ができるようなら変わっていいと思っています」(河内調教師)。

◎ブリリアントS(57キロ)は出が一息で後方から。勝負所から進出を開始し、4角では射程圏まで追い上げたが、追い出してからの伸びがサッパリ。『耳を絞って走っていました』(M・デムーロ騎手)とのことで、気の難しさが出た1戦。力通りなら巻き返しは必至。




10 クインズサターン
「ここまでは順調に使ってきているので、大幅な変わり身はどうかと思いますが、状態は高いレベルで安定しています。前走が追い込み辛い馬場にもかかわらず、最後はシッカリ伸びてきたように、末脚は確かですからね。同じツーターンでも中山より京都の方がレースがしやすいと思うので、展開一つではチャンスがあっても……と思っています」(野中調教師)。

◎平安S(不良)は例によって後方から。4角で大外に持ち出し、最速の末脚でよく伸びてきたが、勝ったグレイトパールから0.3秒差の3着。脚質的に展開に左右されやすいが、最近はペースにかかわらず確実に伸びてくる。距離延長は問題なく、ここも要注目。

11 プリンシアコメータ
「放牧明けになりますが、入念に乗り込んできたので仕上がりはいいですよ。1週前にある程度やってあるので、今週は馬ナリでしたが、状態はすこぶるいいと思います。今回は久々に中央の重賞に加え、牡馬相手の戦いになりますが、少しでも上を目指して頑張って欲しいですね」(矢野英一調教師)。

◎エンプレス杯(川崎・JpnII・牝・ダート2100m)は内のサルサディオーネが主張してきたため2番手に控える。直線はアンジュデジールが鋭く伸びて抜け出し、ようやくといった感じで、逃げたサルサディオーネをゴール寸前でハナ差交わして2着に上がる。理想は逃げだが、今回は牡馬の強豪同型馬が相手と条件は厳しく、どこまでやれるか……。

12 メイショウウタゲ
「前走は流れが落ち着いてしまいましたが、最後はジリジリと差を詰めていましたからね。使いつつ体調は上向いているし、ゲートを決めて、前がやり合うような展開になるようなら出番があってもいいと思っています」(安達調教師)。

◎ブリリアントS(56.5キロ)はスタートこそ五分に出たが、他馬が速く後方からの競馬に。直線は内目から一旦は伸びかかったが、前がゴチャ付き気味。最後は脚色が一緒となって、勝ったフェニックスマークから0.7秒差の7着。距離は問題なく、展開一つでは……。




13 ナムラアラシ
「前走は脚抜きのいい馬場で出負けした上に、道中で落鉄。力を出し切れませんでした。幸いダメージはなかったし、先週、今週と2週に渡ってビシッと追い切った動きも良かったですからね。スタートを決めて能力を出し切れるようなら、ここでも差のないレースができると思います」(牧田調教師)。

◎アンタレスS(不良)は出負けをしてシンガリから。不良馬場ということもあって内枠が仇になった感じ。結局、直線で差を詰めてはきたが、勝ったグレイトパールから0.8秒差の8着。距離・コースともに問題はなく、良馬場で競馬ができれば見直せるハズ。

14 クイーンマンボ
「前走は挫石明けということで、多少体に余裕がありました。1週前に坂路でシッカリやってあるので、今日は馬ナリでしたが、動きは文句ナシでしたね。今回は牡馬相手になりますが、今のデキならヒケは取らないのでは……と思っています」(前川調教助手)。

◎約半年振りのマリーンC(船橋・JpnIII・ダート1600m)は好位のイン。逃げたアンジュデジールがスローペースに持ち込み、なかなか外に出せなかったこともあって、最後は伸びてきたものの、4分の3馬身及ばずの2着。叩き2戦目+距離延長はプラスで、牝馬とはいえ無視までは危険か。

15 トップディーヴォ
「前走から中1週ということで、あまり強い調教は必要ありませんからね。ラスト重点でしたが、これで十分だと思います。元々が使い込んで良くなる馬。ここ2走が悪くない内容だし、良績がある京都。ここも楽しみにしています」(昆調教師)。

◎ブリリアントS(56キロ)はダッシュが一息で後方から。直線は大外に出してジリジリと伸びてきたが、弾けるまでの脚はなく、勝ったフェニックスマークから0.7秒差の6着。距離は問題ないので、ある程度前目の位置で競馬ができるようなら。

16 マイティティー
「半年振りのレースだった前走は着順はともかく、内容的には良かったと思います。先週、今週と2週に渡って長目からやった動きが良かったし、1度使った上積みは十分見られますよ。今回は中央の重賞で牡馬混合になりますが、得意の京都でどこまでやれるか楽しみにしています」(本田調教師)。

◎6か月半振りのアンタレスS(不良)は12キロ増でも馬体が戻ったモノで太目感はナシ。スタートが一息で後方からの競馬。最後はジリジリと差を詰めたのみで、グレイトパールから0.9秒差の9着。距離・コースともに文句はないが、今回は相手が揃った印象。




予想:馬連BOX

3 クリノスターオー

5 テイエムジンソク

6 グレイトパール

7 アスカノロマン

9 サンライズソア

14 クイーンマンボ