2018年度重賞レース予想結果
1月の成績
第67回中山金杯(G3) ハズレ!!
第56回京都金杯(G3) ハズレ!!
第55回愛知杯(G3) ハズレ!!
第65回日経新春杯(G2) 1680円的中!
第35回東海ステークス(G2) 4260円的中!
第59回アメリカJCC(G2) 460円的中!
第23回シルクロードS(G3) 3200円的中!
第32回根岸ステークス(G3) 2010円的中!的中率 62.5%
回収率 157%

2月の成績
第68回東京新聞杯(G3) ハズレ!!
第111回京都記念(G2) 2830円的中!
第68回ダイヤモンドステークス(G3) ハズレ!!
第53回京都牝馬ステークス(G3) 860円的中!
第52回小倉大賞典(G3) ハズレ!!
第35回フェブラリーステークス(G1) 1140円的中!
第62回阪急杯(G3) ハズレ!!
第92回中山記念(G2) 1980円的中!
的中率 50%
回収率 56%

3月の成績
第13回オーシャンステークス(G3) ハズレ!!
第35回第36回中山牝馬ステークス(G3) 1980円的中!
第54回金鯱賞(G2) ハズレ!!
第66回阪神大賞典(G2) 1290円的中!
第66回日経賞(G2) ハズレ!!
第25回マーチステークス(G3) ハズレ!!
第48回高松宮記念(G1) ハズレ!!
第50回ダービー卿CT(G3) 3890円的中!
的中率 38%
回収率 53%

4月の成績
第62回大阪杯(G1) 2410円的中!
第61回阪神牝馬ステークス(G2) 16680円的中!
第78回桜花賞(G1) 480円的中!
第23回アンタレスステークス(G3) ハズレ!!
第78回皐月賞(G1) 12880円的中!
第15回福島牝馬ステークス(G3) ハズレ!!
第48回マイラーズカップ(G2) 1270円的中!
第157回天皇賞・春(G1) 1030円的中!
的中率 75%
回収率 256%

5月の成績
第40回新潟大賞典(G3) ハズレ!!
第23回NHKマイルカップ(G1) ハズレ!!
的中率 0%
回収率 0%




第13回ヴィクトリアマイル

1 レッツゴードンキ
「前走後は在厩しての調整。いい意味で馬がリラックスできていると思います。今回はマイル戦ということで、1週前にある程度やって、今日はテンションを上げないようにラストの反応を確かめる程度でしたが、理想的な追い切りができたと思います。マイルへの適性もあるし、能力の高い馬ですからね。ここでもいい結果を出してくれないものかと思っています」(梅田調教師)。

◎高松宮記念は勝ったファインニードルと同じような位置。ファインニードルより一歩早目に抜け出しにかかったが、その分の差が出たのか、ゴール寸前でハナ差交わされての2着。このレースは過去2回走って10、11着と大敗。近走は短距離中心のローテーションで、距離に対する対応が可能なら上位食い込みは可能。フェブラリーS5着が今回に繋がるようならいいが……。

2 ミスパンテール
「前走は坂路だけの調整である程度仕上げてきましたが、今回はGIということで1週前にCWで長目からシッカリやりました。今日は坂路で馬ナリでしたが、いい動きでした。ジョッキーがここまで色々な形のレースをしてくれて、全て期待通りの結果を出してくれたように、どんな流れになっても対応できるようになっています。長距離輸送も問題ないし、左回りも大丈夫。前走が緩い馬場だったにもかかわらず勝ったことは力を付けている証拠だと思います。今は特に不安な点は見つからないし、できれば良馬場で……と思いますが、楽しみにしています」(昆調教師)。

◎阪神牝馬Sは好スタートを決めてハナに。そこからはスローペースに落としてマイペースの逃げに持ち込む。直線に入っても逃げ脚は衰えず、後続の追撃を一杯一杯に凌いでレッドアヴァンセにアタマ差を付けて4連勝。しかも重賞3連勝。昨秋あたりから馬が変わった?といった印象。東京に舞台は替わるが、自在性ある脚質から展開は不問。今回も上位争いの1頭。

3 ラビットラン
「前走はスローペースでしたが、最後は差を詰めてきましたからね。着順ほど内容は悪くなかったと思います。その後は順調に乗り込めているし、飼い葉食いの方も安定しています。以前のチャカチャカした面がなくなったように、精神面の成長とともに体に芯が入ってきた感もあります。ここ2週に渡って騎乗したジョッキーも好感触を得た様子だし、直線が長い東京コースもこの馬に合っていると思います。あとは良馬場で切れ味を生かせるようなら……と思っています」(辻野調教助手)。

◎3か月振りの阪神牝馬Sは10キロ増だが、これはいい傾向。今日はスローペースで同馬の持ち味を封じられたが、最後は33秒2(最速)の末脚を使ってミスパンテールから0.5秒差の9着。東京は初コースになるが末脚が武器の同馬にとって長い直線はプラスに出るハズ。輸送をクリアして、ペースが適度に流れてくれるようなら出番があっても。




4 ジュールポレール
「前走はスローペース、少し渋り加減の馬場だったことを考えれば、最後はよく差してきたと思います。1週前にシッカリやってあるので、今日はラスト重点でしたが、いい動きをしてくれました。1回使ったことで昨年以上のデキにあるし、その昨年が悪い馬場で惜しい3着でしたからね。今年は良馬場が期待できそうなので、チャンスはあると思っています」(西園調教師)。

◎5か月振りの阪神牝馬Sは±0と好仕上がり。逃げ切ったミスパンテールの2番手に付けたが、馬の行くに任せて先団のイン。直線は内外から来られて一瞬、前が詰まり気味なったが、スペースがあっても着順は変わらなかったかも……。昨年のこのレースがアドマイヤリードの3着。叩き2戦目の上積みが見込める今回は注意は必要だろう。

5 レーヌミノル
「前走の着順はともかく、差のないレースをしたように力は見せてくれたと思います。1週前にシッカリやってあるので今日は馬ナリでしたが、追う毎に良くなってきています。今回が叩き3戦目で1番走り頃だと思うし、前に行く脚がある馬。マイルなら更に楽に行けると思います。折り合いがカギになりますが、この馬のリズムで走れて、脚を溜めることができれば、ここでも差のないレースができると思っています」(本田調教師)。

◎高松宮記念は中団の外目。直線で追い出すと外にモタれ加減になり、伸び脚を欠いてファインニードルから0.3秒差の7着。当該舞台はクイーンCで4着。マイルCS4着の実績から力は見劣らない馬。スムーズなレースができるようなら。

6 レッドアヴァンセ
「前走はスローペースで瞬発力勝負になったことも良かったと思いますが、元々が能力の高い馬ですからね。勝ち馬を捉えることはできませんでしたが、後続の追撃を凌いで、勝ち馬とアタマ差の勝負をできたことで、一線級との力差がないことが分かりました。ここまでは順調に乗り込みができているし、1週前に併せ馬でシッカリ負荷をかけてあるので、今日は馬ナリでラストの反応を確かめる程度でしたが、いい動きでしたよ。距離・コースともに心配ないし、以前より馬がシッカリ。GIのここでも頑張って欲しいですね」(音無調教師)。

◎4か月半振り+昇級初戦+重賞となった阪神牝馬Sは±0と好仕上がり。逃げ切ったミスパンテールの2番手に付ける。スローペースで前に有利だったとはいえ、最後までバテずに粘り、アタマ差の2着と大健闘。当該舞台に勝ち鞍があり、コース云々は問題ナシ。この善戦がフロックかどうか、今回が同馬にとって試金石の一戦となりそうだ。




7 カワキタエンカ
「前走から中2週で再度関東への輸送になりますからね。馬の方は気持ちが入っているので、今日は坂路でサラッとでしたが、これで十分だと思います。前走はマークがきつかったですが、よく2着に頑張ってくれました。馬場に先出ししたことで落ち着きがあったことも良かったようです。今回の舞台は決して向いているとは思いませんが、落ち着いてレースに臨め、気負うこと無く自分のリズムで走れるようなら……と思っています」(浜田調教師)。

◎福島牝馬Sはハナを主張。平均ペースに持ち込んでの逃げを打つ。直線は一旦デンコウアンジュに交わされる形になったが、そこから盛り返し、勝ったと思った時に外からキンショーユキヒメの強襲にクビ差差されて2着。今回は東京のマイル戦と舞台が替わる点とメンバーが強化される点がカギになりそう。また、同型馬の存在も気になる材料だ。

8 クインズミラーグロ
「前走は前残りの展開だっただけに、出負けが最後まで応えましたね。それでもラストはこの馬なりの脚は見せてくれたと思います。この中間はゲート内の駐立が悪いのでその練習もしてきました。1度使ったことで動きも馬体の張りもグンと良くなってきました。1週前に速いところをやってあるので、今週は馬ナリですがこれで十分です。最後は脚を使える馬なので、あとはゲートを決めて、自分のリズムで走れるようなら……と思っています」(野中調教師)。

◎転厩初戦となった阪神牝馬Sは出負けをして後方からの競馬。流れが向かなかったこともあるが、見せ場も作れないままミスパンテールから1.1秒差のシンガリ負け。転厩2戦目の変わり身は見込めても、相手が相手。見送りが妥当か。

9 ソウルスターリング
「前走はスローペース〜上りの競馬になってしまい、脚を溜めることができませんでした。もう少し流れて欲しかったんですが……。流れが向きませんでしたね。それを考慮して、この中間は落ち着かせることに重点を置いた調整をしてきました。1週前の追い切りはシッカリ溜めが利いていたし、いい動きでしたよ。今日は少し行きたがる面を見せましたが、時計・動きともに良かったと思います。GIで相手は揃っていますが、タフな東京のマイル戦は合っていると思うので楽しみはありますね」(津曲調教助手)。

◎4か月半振りの阪神牝馬Sは4キロ減と馬体はスッキリ。スタートは煽り気味でイマイチだったが、気合いを入れると行きたがる素振り。馬の行く気に任せて先行するが、直線に入ると反応が鈍く、早々と後退してミスパンテールから0.6秒差の10着。休み明け+久々のマイル戦で戸惑いがあったのかも……。叩いた効果と広い東京で改めて仕切り直しか。




10 アエロリット
「前走は直線に向いたところで勝った馬に被せられましたが、そこから盛り返す根性を見せてくれました。負けはしましたが、牡馬相手によく頑張ったと思います。前走の馬体増は減った体が戻ったことと成長分。4月20日に帰厩してここまでは順調に調整ができているし、1週前にはジョッキーに感触も掴んでもらっています。以前と違って、速いところをやった後の回復が早いことから木曜追いにしましたが、それはこの後の微調整がしやすいことも考えてのことです。今日はタフな馬場でしたが、いいフォームで走れていたし、時計も速かったですからね。左回りは仕掛けてからの反応が早いし、今回はGIを勝った舞台ですからね。ここでも好レースになると思っています」(菊沢調教師)。

◎4か月半振りの中山記念は18キロ増でもほとんどが成長分。逃げたマルターズアポジーの2番手に付け、直線に入ってから追い出しを開始。勝ったウインブライトにはクビ差交わされたが、そこから渋太く伸びて粘り、マルターズアポジーをアタマ差凌いで2着。東京は得意な上にNHKマイルを勝った舞台。牝馬同士の一戦なら首位争いの1頭。

11 アドマイヤリード
「先週速い時計を出してあるので、今日は馬ナリで調整程度。いい感じに仕上がったと思います。前走はゴール前で詰まってしまい、勿体ない競馬になってしまいましたが、力のあるところは見せてくれました。使った後も430キロ台をキープできているし、勝った昨年と同じローテーションできていますからね。古馬になって心身ともに大人になったことで長距離輸送にも耐えられるようになっています。GIで相手は揃いますが、スムーズに馬群を捌いて能力を出し切れれば……と思っています」(須貝調教師)。

◎阪神牝馬Sは好スタートを決めて2番手に付ける。多少力みは見られたが、先団のインで折り合いを付ける。直線で追い出した時にゴチャ付き、窮屈になる場面があったのは痛かった。そこから盛り返すように伸びたが、ミスパンテールから頭+クビ+クビ差の4着。昨年の覇者である同馬。同一馬の連覇が過去2回あるこのレース。ここは要注目の1頭だ。

12 エテルナミノル
「前走は出負けをしたことが最後まで響いてしまいましたね。それでも最後は脚を使ったように力は見せてくれたと思います。前走後も順調に調整ができているし、1週前にビシッと追い切ってあるので今週は馬ナリでしたが、動きは良かったし、いい状態で臨めると思います。輸送は問題ありませんが、イレ込む面がありますからね。当日の落ち着きがカギになりそうです。あとはゲートを五分に切って、前々で流れに乗れるようなら差のないレースができると思っています」(本田調教師)。

◎阪神牝馬Sはスタートで煽り、シンガリから。そこからジワッと追い上げにかかるが、スローペースで前が止まらない流れ。結局、直線で差を詰めたのみでミスパンテールから0.5秒差の8着。今回はGIで更に相手が強化。上位までは厳しそうだ。




13 ワントゥワン
「前走はあのスローペースでしたからね。それでも最後はこの馬なりに脚は使っていましたから。1週前に坂路でシッカリやってあるので、今日はCWでラスト重点でしたが、いい伸びを見せてくれたと思います。2走前にいい勝ち方をした東京に替わる点は好材料だし、GIで相手は強くなりますが、最後は必ずいい脚を使ってくれる馬。道中のぺース次第では……と思っています」(藤岡調教師)。

◎昇級初戦+重賞となった阪神牝馬Sは出こそ普通だったが、行く気はなく後方から。ただ、今日は極端なスローペースになり、展開が向かずに不発。ミスパンテールから0.8秒差の12着と大敗。現状はオープンでのクラス慣れが必要かも。

14 リエノテソーロ
「前走後は放牧に出してオーバーホール。いい雰囲気になって帰厩しました。帰厩してからここまでの動きは、今までで1番いいと思うし、納得のいく仕上がりで臨めると思います。1週前にWコースで長目からシッカリやってあるので今日は馬ナリでしたが、動きは良かったですよ。昨年のNHKマイルCで2着したように、この時季がいいと思うし、距離が延びても掛かる心配はないと思います。今回は牝馬同士の一戦でもあるし、頑張って欲しいですね」(武井調教師)。

◎高松宮記念は先行策で3〜4番手に付けたが、最後は甘くなってファインニードルから1秒差の14着。NHKマイルでアエロリットの2着はあるが、以降の成績がもう一つといった感じ。今回も様子見が賢明か。

15 デアレガーロ
「前走は輸送時間が普通より多く要したので、その影響でいつもより大人しく、飼い葉食いももう一つでした。それでもレースでは一旦は勝ち馬より前に出たし、最後まで脚を使ってくれましたからね。この中間はいつも通り放牧を挟んでの調整。1週前の追い切りが気分良く走れていたし、今日は馬ナリでしたが、いい動きをしてくれました。東京は以前に地下馬道でイレ込んだことがありますが、精神面で大人になった今なら問題はないと思います。今回はGIで相手は揃いますが、当日に落ち着いて臨めるようなら楽しみです」(大竹調教師)。

◎2か月半振りの休み明け、昇級初戦+重賞となった京都牝馬Sは8キロ増。出負けをして後方からの競馬だったが、かなり行きたがる面を見せていた。その割には直線で追い出されるとシッカリ伸び、勝ったミスパンテールから半馬身差の2着と健闘。東京に良績はないが、力を付けていることは確か。GIで相手は揃うが、無視までは危険かも。




16 リスグラシュー
「前走後はいつも通り短期放牧に出して、4月25日に帰厩しました。1週前に坂路で好時計を出してあるので、今日は折り合い面を考えて馬の後ろに付けるスタイルの追い切りをしましたが、その点は全く問題ありませんでしたね。以前に比べて明らかにトモがシッカリしてきたし、それが安定して力を発揮できるようになった原因だと思います。距離・コースともに問題ないので、ここも楽しみにしています」(矢作調教師)。

◎2か月振りの阪神牝馬Sは4キロ増の452キロと初の450キロ台。これはいい傾向。ただ、今回は極端なスローペースになり、よく差し込んできたが、ミスパンテールから頭+クビ差の3着まで。しかし、得意の東京に替わる点は大きなプラス。体重増も好材料で、今回も最有力候補の1頭といえそう。

17 デンコウアンジュ
「今年も2着した昨年と同じローテーション。元々が使って良くなるタイプだし、同じ福島への遠征後の状態も昨年より今年の方がダメージは少ないように思いますね。順調に使ってきているので、今日は馬ナリでしたが、動きは良かったですからね。東京のこの舞台は得意にしているし、外目の枠を引いてスムーズに運べるようなら今年も楽しみですね」(佐藤調教助手)。

◎福島牝馬Sは14キロ減。中1週の強行軍が応えたのかもしれない。それでも3〜4角にかけて外目をマクリ気味に進出。一旦はカワキタエンカを交わしたが、再び盛り返され、勝ったキンショーユキヒメにも交わされてクビ+クビ差の3着。東京替わりはプラス材料なので、展開の助けがあるようなら。

18 メイズオブオナー
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。いい雰囲気で帰厩しました。1週前にCWでシッカリやってあるので、今日は本馬場でラスト重点でしたが、折り合いが付いていたし、動きも良かったと思います。マイルなら折り合いの心配がないし、ワンターンのコースも合っています。今回はGIで相手が強くなりますが、素質はヒケを取らないと思うので、今の時点でどこまでやれるか楽しみにしています」(田代調教助手)。

◎うずしおS(阪神・準オープン・芝1600m)は先行3番手のインで折り合う。4角で逃げたディープジュエリーが外に流れ気味になると、すかさず最内に潜り込み、ゴール前でクビ差交わして勝利。今回は昇級初戦+重賞、しかもGI。様子見が妥当。




予想:馬連BOX

1 レッツゴードンキ

2 ミスパンテール

5 レーヌミノル

9 ソウルスターリング

10 アエロリット

11 アドマイヤリード

16 リスグラシュー