2018年度重賞レース予想結果
1月の成績
第67回中山金杯(G3) ハズレ!!
第56回京都金杯(G3) ハズレ!!
第55回愛知杯(G3) ハズレ!!
第65回日経新春杯(G2) 1680円的中!
第35回東海ステークス(G2) 4260円的中!
第59回アメリカJCC(G2) 460円的中!
第23回シルクロードS(G3) 3200円的中!
第32回根岸ステークス(G3) 2010円的中!
的中率 62.5%
回収率 157%

2月の成績
第68回東京新聞杯(G3) ハズレ!!
第111回京都記念(G2) 2830円的中!
第68回ダイヤモンドステークス(G3) ハズレ!!
第53回京都牝馬ステークス(G3) 860円的中!
第52回小倉大賞典(G3) ハズレ!!
第35回フェブラリーステークス(G1) 1140円的中!
第62回阪急杯(G3) ハズレ!!
第92回中山記念(G2) 1980円的中!
的中率 50%
回収率 56%

3月の成績
第13回オーシャンステークス(G3) ハズレ!!
第35回第36回中山牝馬ステークス(G3) 1980円的中!
第54回金鯱賞(G2) ハズレ!!
第66回阪神大賞典(G2) 1290円的中!
第66回日経賞(G2) ハズレ!!
第25回マーチステークス(G3) ハズレ!!
第48回高松宮記念(G1) ハズレ!!
第50回ダービー卿CT(G3) 3890円的中!
的中率 38%
回収率 53%

4月の成績
第62回大阪杯(G1) 2410円的中!
第61回阪神牝馬ステークス(G2) 16680円的中!
第78回桜花賞(G1) 480円的中!
第23回アンタレスステークス(G3) ハズレ!!
第78回皐月賞(G1) 12880円的中!
第15回福島牝馬ステークス(G3) ハズレ!!
第48回マイラーズカップ(G2) 1270円的中!
第157回天皇賞・春(G1) 1030円的中!
的中率 75%
回収率 256%




第23回NHKマイルカップ(G1)

1 カツジ
「勝った前走と同様に1週前に坂路でビシッと追い切り、当週はCWで。馬ナリでサラッとでしたが、いい追い切りができたと思います。今回は初の左回りになりますが、特にクセがある馬ではないので問題ありません。直線が長い東京も前走の競馬を見る限り心配ないと思います。道中をロスなく立ち回り、直線でスムーズに外に持ち出せるようなら好レースになると思います」(池添兼雄調教師)。 ◎2か月振りのニュージーランドTは12キロ減とキッチリと馬体を絞ってきた。出は一息だったが、行く気もなく後方で脚を温存。4角から仕掛け始め、直線は大外に持ち出す。2着のケイアイノーテックをゴール前でアタマ差交わして1着。コース替わりは問題なく、マイルは3戦2勝2着1回とベストの距離。引き続き注目。

2 ファストアプローチ
「前走は位置取りや展開などがこの馬には不向きでしたね。1週前にWコースで併せ馬を。いい追い切りができたと思います。今週はジョッキー騎乗で馬ナリでしたが、いい感触を得た様子でした。休み明けを1度使った上積みが見込めるし、コース的に東京の方が合うと思います。ここまで大きく崩れたことがない馬なので、今回も差のないレースができるのでは……と思っています」(津曲調教助手)。 ◎3か月振りのニュージーランドTは6キロ増も太目感はナシ。出は一息だったが仕掛けて中団。その後は馬任せだったが、徐々に位置取りが後ろに。直線に入って追い出されるが思ったほど弾けず。カツジから0.3秒差の6着。休み明けからマイル戦ばかりを3戦したが、もうワンパンチが欲しいといった内容。距離はもう少しあった方がいいのかも。

3 テトラドラクマ
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。前走時より早目に帰厩したことで、追い切りの本数も多めにやることができました。1週前の坂路で馬場コンディションが悪い中、ラスト1ハロンを12秒台で駆け上がってきましたからね。馬体も以前よりシッカリしてきた感じがします。追い切りはやれば動く馬ですが、今日はやり過ぎないように丁度いいさじ加減の追い切りができたと思います。今回は牡馬相手のGIで相手が強くなるぶん楽観できませんが、東京は実績がありますからね。前走の走破時計が速かったし、ここも楽しみを持っての参戦です」(小西調教師)。 ◎クイーンCは6キロ減。少しテンションは高かったが、雰囲気は上々。スタートダッシュ良くハナを奪い、平均に速いラップを踏んでの逃げ。3角では3着のアルーシャに絡まれて一旦は先頭を譲るが、再び先手を取り戻す。4角で後続を引き離し、そのまま押し切って勝利。ハイペースを推し切った内容は強い!の一言。牡馬の強豪相手がどうかも魅力は十分。

4 フロンティア
「1週前に長目からシッカリやってあるので、今日は坂路でラスト重点。反応を確かめる程度でしたが、いい動きでしたね。休み明けを1度使った上積みは十分感じられます。前走のファルコンSは3着でしたが、新馬・新潟2歳Sと左回りで勝っているように左回りは得意。マイルにも良績があるので、ここでも好レースを期待したいですね」(猿橋調教助手)。 ◎3か月振りのファルコンSは8キロ増。これは戻ったモノで好材料。中団からのレースだったが、直線は2着のアサクサゲンキの外を伸びてきて、勝ったミスターメロディから0.2秒差の3着。マイルは新潟2歳Sを勝っておりOK。休ませたことで復調が窺えた1戦。控える競馬で結果を出せたことは収穫、この相手でも差のないレースができるかも……。

5 プリモシーン
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。帰厩後は順調に調整ができています。日曜日に坂路である程度やってあるので、今日はWコースで馬ナリでしたが、気分良く走れていたと思います。今は前走時より落ち着きがあるし、レース当日までその点をキープできるようにケアしていくつもりでいます。東京でも強い勝ち方をしたようにいい決め脚を持っている馬。ここも持ち味を生かせるようなら……と思っています」(木村調教師)。 ◎桜花賞はゲートの出が一息。テンションが高かったことが影響したのかも。直線でも狭くなる不利があり、結局はアーモンドアイから0.9秒差の10着。不完全燃焼といった感じの1戦になってしまった。東京のマイルでテトラドラクマを破っており、舞台設定はOK。あとは牡馬相手で力関係がカギになりそう。

6 リョーノテソーロ
「1週前の追い切りはチークピーシズを外してやったため、動きは案外でしたが、今週は装着したこともあって凄く良かったと思います。前走の敗因は距離ではないと思うし、手前の関係から左回りの方がスムーズに走れると思うので、改めて見直したいですね」(武井調教師)。 ◎2か月半振りのニュージーランドTはいい仕上がり。スタート直後に他馬と接触する不利があり後方からの競馬になったが、行く気もなかったよう。直線勝負に徹したが、4角の手応えはイマイチ。直線もピリッとした脚は使えず、カツジから0.6秒差の8着。コース替わりは問題なく、ある程度の位置で流れに乗った競馬ができるようなら見直せても。



7 タワーオブロンドン
「日曜日にもある程度やってあるし、前走から日数も余り経っていないので、全体時計は遅かったですが、ラストの伸びは素晴らしかったですね。それに今回は地元開催ということで調整しやすかったことも確かです。前走のアーリントンC(マイル)で折り合えば凄い脚を使ってくれることが分かったし、京王杯2歳Sを勝っている広い東京に替わる点もプラスに出ると思います。この後に海外遠征のプランもあるので、まずはここで頑張ってくれないと……と思っています」(藤沢和雄調教師)。 ◎4か月振りのアーリントンCは8キロ減だったがスッキリ仕上がる。中団の後ろでジックリ構え、直線に入っても手応えは十分。追ってからの伸びも申し分なく、余力を残して2着のパクスアメリカーナを半馬身降して勝利。マイルは問題なかったし、折り合いも付いていたことから、更にペースが速くなる今回は競馬がしやすいハズ。ここも有力候補の1頭。

8 ダノンスマッシュ
「1週前にCWで併せ馬をして長目から馬ナリ。仕掛けてからの反応が良かったし、ラスト1ハロンの伸びも上々でした。今週はジョッキーが乗った感じに任せる追い切りをしましたが、馬ナリとはいってもいい動きをしてくれました。輸送と左回りは新潟遠征で経験しているので問題ありません。これからもっと良くなる馬ですが、今の時点でどこまでやれるのか……という楽しみは持っています」(安田隆行調教師)。 ◎アーリントンCは逃げたラブカンプーの3番手に付けたが、追い出してからがジリジリといった感じで、タワーオブロンドンから0.4秒差の5着。マイルは微妙に長いのかも……。今回は直線が長い東京のマイル戦。上位争いまでとなると疑問符も。

9 ギベオン
「前走後は在厩しての調整。1週前に併せ馬でシッカリ負荷をかけてあるので、今週はラストを伸ばす程度でしたが、気分良く走れていたことは何よりでした。状態は高いレベルで安定しています。操縦性に優れ、自在性もある馬。レースセンスがあるので初のマイルもクリアできると思います。いい脚を長く使えるので、東京コースも合っていると思います。本当に良くなるのはもう少し先かもしれませんが、今の段階でも十分好レースになると見ています」(田代調教助手)。 ◎新馬、特別を連勝して臨んだ毎日杯は中団から。直線もこの馬なりに伸びたが、勝ったブラストワンピースには2馬身差を付けられての2着。レースセンスのいい馬で、今回は初のマイル戦でも無難にこなしてくれそう。東京はフリージア賞を勝っており問題ナシ。ここでも差のないレースが期待できそうだ。

10 パクスアメリカーナ
「1週前に併せ馬でシッカリやってあるので、今日は馬ナリでしたがラスト1ハロンの伸びが良かったですね。ここまで順調に調整ができたし、飼い葉食いがいい馬なので、馬体の方は問題ありません。左回りは新潟の新馬戦以来。あの時は左にモタれていましたが、当時と今とでは走りのバランスがまるで違いますからね。モタれる面も大分マシになってきています。前走が最後にキッチリ脚を使ってくれたし、後は左回りをスムーズにクリアしてくれれば、GIのここも楽しみです」(猿橋調教助手)。 ◎2か月振りのアーリントンCは8キロ減だが好仕上がり。スタートを決めて行きたがったが、内で包まれて中団から。直線は最内に入れたが、なかなか進路が開かずに少し待たされる格好に。それでも最後は良く伸びて2着は確保。この経験が今回に生かされれば、ここでも侮れない1頭に。

11 ケイアイノーテック
「輸送で減った体重はすぐに回復しました。1週前に坂路でサラッと。今日は併せ馬でシッカリやりましたが、いい動きをしてくれましたね。いい状態で臨めると思います。初の左回りになる点は問題ないと思うし、ここまでの走りから直線が長い東京はプラスに出ると見ています。関東への遠征も今回が2度目で慣れが見込めますからね。ここでもチャンスがあるのでは……と思っています」(平田調教師)。 ◎ニュージーランドTは12キロ減と大幅な馬体減り。輸送なのか、絞れたモノ(新馬勝ちが450キロ)か判然としないが細くは見えなかった。出は一息だったが、ジワッと進出して中団の後ろから。4角では先団に取り付いて一旦は先頭に立ったが、ゴール寸前カツジにアタマ差交わされたが勝ちに等しい2着。GI4着は伊達ではなく、ココも要注意。

12 アンコールプリュ
「日曜日に長目からシッカリやってあるので、今日は半マイルからラスト重点。動きは良かったし、落ち着きがある点もいいですね。追って味がある馬なので、直線が長い東京コースは合うハズ。距離はマイルくらいまでだと思いますが、いい勝負根性があるし、牡馬が相手でも能力を出し切れば差はないと見ています」(友道調教師)。 ◎桜花賞はゲートを出たが行く気もなく後方のインをロスなく追走。直線も最内を突いたが、伸びは平凡でアーモンドアイから1.2秒差の11着。マイルはデビュー勝ちしており問題はないが、関東圏へは初の輸送。小柄な馬で馬体キープが条件。牡馬相手に加え、メンバーも強力でどこまでやれるかだろう。



13 ルーカス
「調教はやれば動く馬なので、中間の調教で負荷をかけ過ぎたことが前走の敗因かもしれません。今回はこの中間はソフトな調整をしてきました。今日は馬場が悪かったことで、集中力に欠ける面が見られたので、最後までシッカリやりました。動き・息遣いともに良かったと思います。今は成長途上で体付き・筋肉の付き方など、兄のモーリスには及びませんが、兄はマイルで強かったですからね。この馬はマイラーとは思いませんが、初のマイルで新しい面が出てくれば……と思っています」(森調教助手)。 ◎約2か月半振りのスプリングSは中団を折り合いに専念する格好で追走していたが、行きたがることもなく無難に追走はできていた。4角では外に張り気味となり、追い出してからの伸びはサッパリ。モーリスの全弟という良血だが、アテにし辛い面がある。今回は初のマイルがどうかだが、折り合い面では楽な距離。スムーズな競馬で能力を出し切れれば。

14 デルタバローズ
「先週、放馬をして速いラップで走ってしまったことで、週末でも体に硬さがありましたが、今は心配ありません。今日は余力十分にいい動きをしてくれたし、息の入りも良かったですから。東京のこの舞台で新馬を勝っているし、条件的には合っていると思います。ただ、普段から力む面があり、折り合いに不安がないとは言えないので、前走のように落ち着いて臨めるかどうかですね」(森調教助手)。 ◎3か月振りのニュージーランドTは4キロ増でも少し立派に映る。好位のインを追走し、直線もスムーズに開いた内を突いてよく伸びたが、カツジ、ケイアイノーテックの2頭に頭+4分の3馬身交わされて3着。それでも500万下の身で、今回が3戦目を考えれば上々の内容。叩いた効果が見込めるし、オープン通用のメドも立てた。東京も◎で警戒は必要。

15 カシアス
「1週前に長目からやってあるので、今週は馬ナリでサラッと流す程度でしたが、いつもと変わらない動きでしたね。ここ2走は逃げていますが、ハナにこだわる馬ではないので、控えても大丈夫。相手は強くなりますが、東京は経験済みだし、マイルまではこなせると思います。あとは自分のリズムで走ってどこまでやれるかですね」(清水久詞調教師)。 ◎3か月振りのニュージーランドTは好仕上がり。ダッシュ良くハナを切り、軽快に逃げたが、ゴール寸前で甘くなる。後続に一気に交わされてカツジから0.4秒差の7着。久々の影響もあったと思うが、マイルはギリギリといった感じ。東京は京王杯2歳S2着があり問題はないが、マイルの今回はその点がカギになりそう。

16 ミスターメロディ
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。フレッシュな状態で帰厩しました。1週前の追い切りは時計こそ遅かったですが、折り合いが付いていたし、いいリズムで走れていましたからね。今週も馬ナリでしたが、ラスト伸びは上々。良かったと思います。ダートで勝ってきていましたが、前走で芝でも勝ったように馬体が軟らかい馬。折り合いの付く馬なのでマイルになっても問題ありませんからね。GIのここも楽しみにしています」(田代調教助手)。 ◎初の芝となったファルコンSは行きたがるのを宥めつつ好位から。勝負所から早目に動き、直線入り口では先団の直後に。残り1ハロンを過ぎてから逃げていたモズスーパーフレアを交わして先頭に立ち、そのまま押し切って2着のアサクサゲンキに1馬身4分の1差を付けて快勝。左回りはOKだが、今回は1ハロン延長を克服できるかどうかがカギに。

17 レッドヴェイロン
「2週に渡ってジョッキーの騎乗で追い切りました。今日は遅れましたが、相手が調教駆けする馬なので問題ありません。動き・反応ともに良かったですからね。左回り自体は問題ないし、元々が期待していた馬。GIで相手は強くなりますが、ここでも好レースにならないものかと思っています」(石坂調教師)。 ◎アーリントンCは出負けしたため、無理をせず後方から。直線に入るまでジッと待機し、大外に持ち出して追い出す。直線は最速の末脚でタワーオブロンドンから0.2秒差の3着と好走。1勝馬だが相手なりに走る面+自在性ある脚質を考えると、この相手でも軽くは扱えない1頭。

18 ロックディスタウン
「転厩初戦の前走は他馬にぶつけられて折り合いを欠いてしまいましたからね。上手に競馬ができませんでした。1度使って落ち着きが出てきたことはいい材料だと思います。それに小回りの1800mもこの馬には合わなかったと思います。ワンターンの東京に替わる点はプラスだと思うし、改めて期待したいですね」(藤沢和雄調教師)。 ◎3か月振りのフラワーCは10キロ増でも太目感ナシ。スタート直後に他馬と接触し、ハミを噛んで行きたがるのを抑え込んでの追走。結局、折り合いを欠き、チグハグな競馬になってしまった。度外視できる一戦と見て良さそうだ。牡馬相手は問題なく、適度に流れるようなら折り合いも付くハズ。この1戦だけで見限るのは早計かも。



予想:馬連BOX

 1 カツジ

 2 ファストアプローチ

 7 タワーオブロンドン

10 パクスアメリカーナ

11 ケイアイノーテック

17 レッドヴェイロン