2018年度重賞レース予想結果

1月の成績
第67回中山金杯(G3) ハズレ!!
第56回京都金杯(G3) ハズレ!!
第55回愛知杯(G3) ハズレ!!
第65回日経新春杯(G2) 1680円的中!
第35回東海ステークス(G2) 4260円的中!
第59回アメリカJCC(G2) 460円的中!
第23回シルクロードS(G3) 3200円的中!
第32回根岸ステークス(G3) 2010円的中!
的中率 62.5%
回収率 157%

2月の成績
第68回東京新聞杯(G3) ハズレ!!
第111回京都記念(G2) 2830円的中!
第68回ダイヤモンドステークス(G3) ハズレ!!
第53回京都牝馬ステークス(G3) 860円的中!
第52回小倉大賞典(G3) ハズレ!!
第35回フェブラリーステークス(G1) 1140円的中!
第62回阪急杯(G3) ハズレ!!
第92回中山記念(G2) 1980円的中!
的中率 50%
回収率 56%

3月の成績
第13回オーシャンステークス(G3) ハズレ!!
第35回第36回中山牝馬ステークス(G3) 1980円的中!
第54回金鯱賞(G2) ハズレ!!
第66回阪神大賞典(G2) 1290円的中!
第66回日経賞(G2) ハズレ!!
第25回マーチステークス(G3) ハズレ!!
第48回高松宮記念(G1) ハズレ!!
第50回ダービー卿CT(G3) 3890円的中!
的中率 38%
回収率 53%

4月の成績
第62回大阪杯(G1) 2410円的中!
第61回阪神牝馬ステークス(G2) 16680円的中!
第78回桜花賞(G1) 480円的中!
第23回アンタレスステークス(G3) ハズレ!!
第78回皐月賞(G1) 12880円的中!
第15回福島牝馬ステークス(G3) ハズレ!!
第48回マイラーズカップ(G2) 1270円的中!
的中率 71%
回収率 279%




第157回天皇賞・春(G1)

1 ミッキーロケット
「前走は馬場に加えて展開も厳しかったですね。その後は放牧に出してリフレッシュをさせることにしました。先々週、先賞と2週に渡ってビッシリ追い切りましたが、幾らか余裕が感じられましたね。それでも今週、併せ馬でシッカリやったので、これでキッチリ絞れると思います。今回は3200m、いかに脚を温存できるか……その点がカギになりそうです」(生野調教助手)。
◎京都記念(重)は先行3番手。3角から仕掛けて上がって行き、逃げたクロコスミアの2番手に上がったが、そこで筒一杯。直線は伸びを欠いてクリンチャーから1.1秒差の7着。乗り難しい面のある馬だが、進境が窺えない点は不満。今までの実績から、このメンバーなら……と思うが、距離を含めてアテにし辛いことも確か。

2 チェスナットコート
「前走は中山コースがどうかと思っていましたが、無事にクリアしてくれたように収穫のあったレースでした。幸いダメージもなく、ここまでは順調に乗り込めています。1週前はかなり悪い馬場でしたが、いい動きをしてくれたし、今週も調教はあまり動く方ではない馬としては、よく動いてくれたと思います。ここにきて思った以上に成長してきているし、血統背景から距離も問題ないと思います。小回りの中山より京都の外回りの方が競馬をしやすいので、楽しみはありますね」(矢作調教師)。
◎準オープンを勝って臨んだ日経賞は離れた中団。勝負所からジワッと上がって行き、直線も外目からシッカリ伸びてガンコから4分の3馬身差の2着と健闘。今回は更に距離が延びる点がどうかだが、力を付けていることは確か。折り合いに不安がない馬なので、距離はこなせそうだが……。




3 シホウ
「前走後は放牧には出さず、在厩しての調整。ここまでは順調に調整ができています。1週前にCWでジョッキー騎乗でシッカリ負荷をかけてあるので、今週は坂路で馬ナリでしたが、時計が出ない馬としては動いた方だと思います。相手は強くなりますが、距離は長い方がいいと思うし、ペースが速くなる勝負所でズブさを出さずに付いて行けるようなら……と思っています」(笹田調教師)。
◎阪神大賞典は行く気もなく、後方からマイペースのレース。2周目の3〜4角から前との差を詰めに行くが、そこで脚を使ったことで直線の伸びはイマイチ。レインボーラインから1秒差の7着。距離は問題ないが、一線級が相手ではワンパンチ不足。

4 カレンミロティック
「1週前にCWで併せ馬を。遅れはしましたが、CWではあまり動かない馬。それでも時計的には動いていましたからね。休み明けの前走でも5着と頑張ってくれたように10歳でも衰えは感じないし、叩いた効果もあります。一昨年2着した時くらい走れるかとなると何とも言えませんが、良馬場でレースができるようなら……と思っています」(平田調教師)。
◎約3か月振りの阪神大賞典は4キロ減。仕上がりは良かった。中団の前に付けて運ぶが、勝負所で少し窮屈になるシーンも。そこから手応えがイマイチとなり、最後はジリジリといった感じで、レインボーラインから0.8秒差の5着。今年10歳。以前の切れに衰えが見えた感もあり、上位争いまでとなると?




5 ヤマカツライデン
「前走はスローペースとはいえ、早目に来られて苦しい展開になってしまいましたからね。幸いダメージはなかったので、馬は元気一杯です。1週前にジョッキーの騎乗でシッカリやってあるので、今日はラストを伸ばす形。動きは悪くなかったですよ。スタミナはあるので、今回も自分の形でレースができるようなら……と思っています」(池添兼雄調教師)。
◎大阪杯は注文通りハナを切ったものの、勝負所では早々と勝ったスワーヴリチャードに交わされ、4角ではほぼ一杯に。それでも最後まで諦めずに粘り、1.3秒差の11着に踏みとどまる。今回も自分のレースをしてどこまでやれるかといったところか。

6 ガンコ
「前走後は背腰に疲れが出たので一旦緩めて、プール調整で疲労回復に努めました。1週前の時点では多少重い感じでしたが、1週前にやったことで、今週の動きが良かったですからね。今はその心配は全くありません。障害練習をしたことで馬に前向きさが出てきたし、スタミナも豊富。操縦性にも優れている馬なので、この距離はこなしてくれると思います。今回は強い相手が出てきますが、ここでも頑張って欲しいですね」(中村調教助手)。
◎ダートから再度芝に切り替えてから1000万1着、重賞(GII)2着、準オープン1着。そして待望の重賞・日経賞(GII)勝ちと破竹の勢いを見せている。その日経賞は2番手追走から難なく抜け出し、2着のチェスナットコートに4分の3馬身差を付けて快勝。今回はGIとはいえ、強敵揃いとはいえないメンバー構成。上り馬の勢いでここも好レースに。




7 ピンポン
「前走から中1週と間隔が詰まっているので今日は馬ナリでしたが、これで十分でしょう。年齢の割には若さがあるし、忙しいレースよりは落ち着いて走れる長目の距離の方が向いていそう。ただ、今回は一線級が相手になるので、どこまで頑張れるかになるでしょうね」(粕谷調教師)。
◎福島民報杯(52キロ)は後方から。直線は最内を突いて差を詰め、マイネルサージュから0.6秒差の5着に入線。今回は重賞&初の3200m。見送りが妥当。

8 クリンチャー
「前走は反応が良過ぎて、前半に掛かってしまいましたが、最後まで渋太く脚を使ってくれました。それを考慮して、この中間は折り合いを重視した調整をしてきました。1週前にCWで長目からラスト重点の追い切りをしてあるので、今週はジョッキー騎乗で、坂路で馬ナリでしたがこれで十分だと思います。スタミナは十分あるし、折り合いさえ付けば3200mはこなせると思います。良馬場の時計勝負になっても大丈夫なので、楽しみにしています」(宮本調教師)。
◎阪神大賞典は前半、少し掛かり気味。武豊騎手が『1周目のゴール板を過ぎたら競馬が終わったと勘違いしたみたい』と語ったように、少しスムーズさを欠いた感じのレース内容だったが、最後まで踏ん張ってレインボーラインから0.4秒差の4着。今回は菊花賞2着の舞台に替わり、ジョッキーも2度目の騎乗でクセは掴んだ。上位争いは必至か。




9 ソールインパクト
「前走後は放牧には出さず、在厩しての調整。1週前の追い切りが思っていた以上の動きをしてくれたし、使いつつ良くなるタイプらしく、馬体に締りも出てきました。今日はラスト重点の追い切りでしたが、仕掛けてからの反応が良かったですからね。ダイヤモンドSの内容が良かったし、ステイヤータイプなのでこの距離は魅力です。いい状態で臨めるので、この馬の持ち味を出せるようなら……と思っています」(戸田調教師)。
◎日経賞は好位を進んでいたが、1周目の2角では離れた中団に。3角から再び差を詰めにかかるが、思った程の伸びは見られず、ガンコから0.6秒差の7着。距離・コースは問題ないが、決め手という面ではやや物足りなさがある馬。強豪揃いとはいえないメンバー構成だが、勝ち負けにはもうワンパンチが欲しい印象。

10 サトノクロニクル
「休み明けを1度使ったことで馬体の張りが良くなってきました。1週前にCWで長目から併せ馬を済ませてあるので、今週は半マイルからラスト重点の追い切りでしたが、いい状態をキープしています。京都に替わる点もプラスに出ると思うし、良馬場で競馬ができそうなのもいい材料だと思います。距離は問題ないと思うので、あとはこのメンバーを相手にどこまでやれるかでしょうね」(池江調教師)。
◎約3か月振りの阪神大賞典は仕上がり良好。中団の後ろで折り合いに専念。勝負所から勝ったレインボーラインと一緒に上がって行き、残り1ハロンで振り切られたが、最後までバテずに2着は確保。距離にメドを立てたことは大きな収穫。良馬場でレースができれば再度好勝負に。




11 シュヴァルグラン
「前走は内回りの2000mがどうかと思っていましたが、(敗因は)距離というより流れが向かなかったのだと思います。走り切っていなかったのでダメージはなかったし、このレースに向けて順調に調整ができています。1週前にCWで併せ馬をしましたが、調教駆けしない馬にしては時計的に十分動いていましたからね。今週は騎手に乗ってもらってメンタル面の確認に重点を置いた追い切りをしましたが、追い出してからの走りに迫力を感じたし、とても良かったと思います。このレースは過去3、2着。スタミナは豊富だし、馬場さえ極端に悪くならなければ好レースをしてくれると思っています」(友道調教師)。
◎約3か月半振りの大阪杯は4キロ減でも仕上がりは悪くなかった。中団に付けて運んだが、ペースが上がった勝負所から仕掛けて行くが、4角ではステッキが入る有様で直線の伸び脚はサッパリ。勝ったスワーヴリチャードから1.5秒差の13着と大敗。久々の2000mとはいえ、今回は負け過ぎ。力は認めるが、どこまで立て直せるかがカギになりそう。

12 レインボーライン
「前走は馬場が緩かったことも良かったですが、適度にペースが流れてくれたことで折り合いが付いたこともプラスに働きましたね。昨年秋の天皇賞もそうでしたが、他馬がキツクなるような展開がこの馬には合っているのだと思います。この中間もいつもと変わらず順調に調整ができているし、前走とそれほど変わらないメンバー構成。開幕して間がないので時計は速くなるかもしれませんが、少しでも渋ってくれるようなら……と思っています」(浅見調教助手)。
◎約3か月振りの阪神大賞典は10キロ増でも太目ではなく成長分。出たなりで無理をせず、後方から折り合いを付けて運ぶ。勝負所から外目を上がって行き、4角では早々と先団に取り付く。直線半ばでサトノクロニクルを振り切り、最後は1馬身4分の1差を付けて快勝。京都は菊花賞2着がありOK。今の充実振りなら可能性は大いにありそうだ。




13 トウシンモンステラ
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。1週前にCWでジョッキーに乗ってもらってやってあるので、今日は馬ナリでしたが動きは悪くありません。今回はGIで相手は強くなりますが、スタミナがあるのでこの距離は魅力。相手なりに走る面を生かして頑張って欲しいですね」(村山調教師)。
◎ダイヤモンドS(53キロ)は中団から。結局は伸びもバテもせず自分の位置を守ったといった感じで、フェイムゲームから1.2秒差の8着。ここ一連の成績から重賞では厳しく、ここは様子見が妥当。

14 アルバート
「前走後は在厩しての調整。その前走は輸送してプラス体重だったように、少し重かったかもしれません。1度使って体の方は絞れているし、先々週・先週とやったことで、ほぼ態勢は整ったと思います。今週は併せ馬で馬ナリ併入でしたが、動きは良かったですね。ここまで予定通りの調整ができたと思います。有馬記念を使わず、ここに照準を合わせてきたし、GIでもやれる馬だと思っているので、楽しみにしています」(森調教助手)。
◎約3か月半振りの阪神大賞典は6キロ増でも仕上がりは良好。馬任せといった感じで後方からの競馬。4角でもまだ後ろにいたが、直線はジワジワと差を詰めて、レインボーラインから0.5秒差の4着。思ったほど弾けなかった点に不満は残るが、最後は確実に脚を使う馬。昨年のこのレースは5着だったが、今年は更に上を目指せるメンバー構成だ。




15 トーセンバジル
「日経賞は休み明けの分と馬場が発表以上に緩かったことがあの結果になったのかも知れません。走り切っていなかったので、すぐに乗り出しを開始できました。1週前の追い切りは馬場が悪くて遅れましたが、シッカリ負荷をかけることができましたからね。1度使って状態はアップしているし、折り合いに不安がないので距離は大丈夫。以前より前で競馬ができるようにもなっているので、自分のリズムで走れるようなら……と思っています」(田代調教助手)。
◎帰国初戦&約3か月半振りの日経賞は離れた中団から。直線は馬場の中ほどから外に持ち出すが、勝ったガンコがフラ付き気味のため再度内に進路を切り替える。それが影響したかどうかは未知だが、最後はジリッぽくなってガンコから0.4秒差の5着。騎乗したM・デムーロ騎手は『緩い馬場が合わなかった』とのこと。良馬場なら前進は見込めそう。

16 スマートレイアー
「今日の追い切りは馬ナリでしたが、持ったままでいい動きをしてくれました。1度使ったことで馬体に張りが出てきたのはいい材料だと思います。年齢の割に数をあまり使っていないので、年齢を感じさせません。距離に関しては何とも言えませんが、京都の外回りで牡馬を相手にいい脚を使って勝ったことがありますからね。何とかクリアできないものかと思っています」(大久保龍志調教師)。
◎香港から帰国初戦&約3か月半振りの大阪杯は仕上がり良好。スタートで躓くがすぐにリカバリーしてヤマカツライデンの3番手に付ける。しかし、勝負所での手応えはイマイチで、4角では置かれ気味。直線で盛り返したものの、スワーヴリチャードから1.1秒差の9着。今回は初距離のうえに、牝馬の8歳。大幅な上積みは?で、上位までとなると……。

17 トミケンスラーヴァ
「前走は前に行った組には厳しい流れになってしまいましたからね。それを考えればあの結果でも仕方なかったと思います。その後は放牧には出さず、在厩して調整。1週前に長目からやってあるし、今日は動く馬を追いかける形の併せ馬で併入と悪くない動きでした。今回はGIで相手が揃うし、いかに楽に追走できるかですが、少しでも上を目指して頑張って欲しいですね」(竹内調教師)。
◎阪神大賞典は逃げたヤマカツライデンの3番手に付けていたが、ペースが上がった2周目の勝負所では手応えが怪しくなる。最後はバテてレインボーラインから1.8秒差の10着。距離云々というより、重賞では荷が重いといった印象。

予想:馬連BOX

6   ガンコ

8   クリンチャー

11 シュヴァルグラン

12 レインボーライン

14 アルバート

15 トーセンバジル