2018年度重賞レース予想結果

1月の成績
第67回中山金杯(G3) ハズレ!!
第56回京都金杯(G3) ハズレ!!
第55回愛知杯(G3) ハズレ!!
第65回日経新春杯(G2) 1680円的中!
第35回東海ステークス(G2) 4260円的中!
第59回アメリカJCC(G2) 460円的中!
第23回シルクロードS(G3) 3200円的中!
第32回根岸ステークス(G3) 2010円的中!
的中率 62.5%
回収率 157%

2月の成績
第68回東京新聞杯(G3) ハズレ!!
第111回京都記念(G2) 2830円的中!
第68回ダイヤモンドステークス(G3) ハズレ!!
第53回京都牝馬ステークス(G3) 860円的中!
第52回小倉大賞典(G3) ハズレ!!
第35回フェブラリーステークス(G1) 1140円的中!
第62回阪急杯(G3) ハズレ!!
第92回中山記念(G2) 1980円的中!
的中率 50%
回収率 56%

3月の成績
第13回オーシャンステークス(G3) ハズレ!!
第35回第36回中山牝馬ステークス(G3) 1980円的中!
第54回金鯱賞(G2) ハズレ!!
第66回阪神大賞典(G2) 1290円的中!
第66回日経賞(G2) ハズレ!!
第25回マーチステークス(G3) ハズレ!!
第48回高松宮記念(G1) ハズレ!!
第50回ダービー卿CT(G3) 3890円的中!
的中率 38%
回収率 53%

4月の成績
第62回大阪杯(G1) 2410円的中!
第61回阪神牝馬ステークス(G2) 16680円的中!
第78回桜花賞(G1) 480円的中!
第23回アンタレスステークス(G3) ハズレ!!
第78回皐月賞(G1) 12880円的中!
第15回福島牝馬ステークス(G3) ハズレ!!
的中率 67%
回収率 268%




第48回マイラーズカップ(G2)

1 ヤングマンパワー
「前走後はノドを手術。その後は放牧に出してリフレッシュをさせました。早目に栗東に入り、ここまでは併せ馬でシッカリ負荷をかけてきました。それだけに状態面は問題ないし、順調そのものです。今週も3頭併せでビッシリやりましたが、いい動きでしたからね。暖かくなるにつれて体調が良くなってきたし、輸送距離が短い京都も歓迎材料。昨年のこのレースで3着と走っているし、今年も昨年と変わらずいい状態で出せるので楽しみにしています」(森厩務員)。 ◎マイルCS(稍重)は先行集団に付けていたが、直線は馬場が悪い内に入ったため、伸びを欠いてペルシアンナイトから1秒差の14着。昨年のこのレースはイスラボニータの3着だったが、2着のエアスピネルとは4分の3馬身差。ただ、叩いた方がいいタイプなので、その点がどう出るかだろう。

2 ガリバルディ
「前走は年齢を重ねるに従い、ズブさが出てきたことで瞬発力勝負になると分が悪かったですね。この中間は気分を変えるために調教コースを替えるなどの措置を取ってきました。1週前にジョッキーを乗せて長目からやってあるので、今週は坂路でサラッとですが、いい雰囲気に仕上がったし、元気もあります。開幕週の高速決着にも対応はできると思うので、あとは競馬に行って闘争心が出てくれるようなら」(田代調教助手)。 ◎2か月半振りの東京新聞杯は後方のままと平凡な内容でリスグラシューから0.9秒差の15着。近走がもう一つ冴えを欠いている現状で、上位争いまでとなると厳しいかも。




3 ベルキャニオン
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。今年7歳になりますが衰えは感じません。ここまでは順調に調整ができているし、輸送も問題ありませんからね。今は折り合い面の心配はないし、流れに乗って競馬ができれば……と思っています。今回は開幕週の競馬で高速決着が予想されるので、そこをうまく対応できるかどうかでしょうね」(森調教助手)。 ◎東京新聞杯は好位を折り合いに専念して追走。直線は外目に出してそれなりに伸びてきたが、勝ったリスグラシューから0.3秒差の7着。近走はもう一押しが利かない印象があり、重賞の今回は上位争いまでとなると疑問符。

4 エアスピネル
「中山記念を目標に帰厩しましたが、右前トウ骨の骨膜炎を発症。症状は軽かったんですが、大事を取って回避することにしました。その後はこのレースに切り替えて再放牧に出しました。1週前に坂路で好時計をマークしているので、今日はラスト重点でしたが、これは予定通りです。最後までシッカリ走れていたし、歩様も問題ありません。精神面で落ち着きが出てきて、ドッシリ構えられるようになってきたし、大分大人になった感じがします。GIを取れる馬だと思っているし、休み明けでもいきなり好結果を……と思っています」(笹田調教師)。 ◎マイルCS(稍重)は中団から。直線入り口でうまく進路が開き、最後もシッカリ伸びて一旦は先頭に立ったが、内からきたペルシアンナイトにゴール寸前ハナ差交わされて2着。勝ちに等しい内容の惜敗。鉄砲はOKで得意の京都。昨年はイスラボニータの2着だったが、今年は主役の座は譲れない。




5 サングレーザー
「前走後は疲れを取るために放牧に出してオーバーホール。早目に帰厩し、ここを目標に調整してきました。体付きなどはあまり変わっていませんが、落ち着きが出てきたことは確かです。CWで長目をやって息は作ってきたし、8日、14日とやってあるので、今日は馬ナリですがこれで十分。気性的に短距離でないと力を発揮できない面はありましたが、昨年の秋頃から変わってきましたからね。開幕週で前が止まらないとどうか、といった不安はありますが、今年初戦をいい結果で迎えられたら……と思っています」(浅見調教助手)。 ◎阪神Cは中団の後ろから。直線も追い出しを我慢し、満を持して差し込んできたが、イスラボニータのレコード勝ちから0.2秒差の3着。それでも最速の末脚を駆使しており、マイルCS(GI)3着の実績からここなら首位争いになっても何ら不思議のない存在。鉄砲も勿論OK。

6 ムーンクレスト
「前走後は放牧に出して11日に帰厩しました。放牧先でもやってくれていたので、今週はラスト重点の追い切りでしたが、最後の1ハロンの伸びが良かったし、この一追いでほぼ仕上がったと思います。この馬は輸送に弱い面があるので、近場の京都に替わる点はプラス材料。開幕週で先行力を生かせるようなら……と思っています」(本田調教師)。 ◎東風S(中山・芝1600m・稍重)は好位の外を追走していたが、勝負所から手応えが怪しくなり、直線は失速。勝ったミュゼエイリアンから0.6秒差の10着。輸送に弱いことが敗因なのか、馬場の回復が思った以上に早かったことが敗因なのかは未知だが、いずれにしても重賞ではワンパンチ足りない感は否めず。




7 ダッシングブレイズ
「前走後は在厩しての調整。その前走ですが、最後に伸びを欠いた原因は距離が長かったのかもしれません。1週前にジョッキー騎乗で長目からやってあるので、今週は馬ナリでしたが、それ程やる必要はないのでこれで十分です。以前と比べてトモの緩さは解消されてきた今なら、開幕週の速い流れにも対応できそう。距離は合うと思うので、最後にどれだけの脚を使ってくれるかだと思います」(吉村調教師)。 ◎金鯱賞(稍重)は比較的前に付けて運んだが、スローペースから上りの競馬になったため、伸び負けた格好でスワーヴリチャードから0.8秒差の5着(9頭立て)。今回は全7勝中6勝を上げているマイル戦。コース替わりも問題なく、適度に流れが速くなるようなら見せ場があっても……。

8 ロジクライ
「前2走がともに理想的な競馬で連勝。長期休養明けを使いつつ良くなってきたし、パワーアップもしてきました。幸い使った後も足元の不安はなく、ここまでは順調に調整ができています。1週前に調教駆けする馬を相手に坂路で好時計をマーク。今週の動きも文句ありませんでした。この舞台で桜花賞馬のジュエラーを破った実績があるし、開幕週で時計が速くなっても前走の内容から問題ないと思います。オープン馬らしい風格も出てきた今なら楽しみです」(須貝調教師)。 ◎昇級初戦(形だけ)となった六甲S(阪神)は先行3番手。4角では持ったままの手応えで回り、直線1ハロン辺りで先頭に立って2着のグァンチャーレに1馬身4分の3差を付けて快勝。一昨年のシンザン記念を勝っている馬で、京都も得意。ここも上位争いの一角に。




9 モズアスコット
「前走の阪急杯は大外枠の上に、スローペースで掛かってしまいましたからね。それでも着差は僅かだったし、競馬の内容としては強かったと思います。1週前にもやってありますが、今週はかなり雨が降った時間帯にしては時計・動きともに上々でした。いいメンバーはいますが、GIの安田記念に出走させたい馬ですからね。開幕週の馬場は合うと思うので、ある程度流れてくれるようなら……と思っています」(矢作調教師)。 ◎2か月振りの阪急杯は大外枠を考慮して無理をせず、折り合いに専念して後方からの競馬。直線は大外に持ち出して鋭く伸びたが、逃げたダイアナヘイローをクビ差捉えられず2着。マイルは条件戦とはいえ、1分32秒7で完勝した実績を含め2戦2勝。京都もOKで、ここも有力候補。

10 ブラックムーン
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。帰厩後は順調に調整ができています。1週前にシッカリ負荷をかけてありますが、今日も予定より速い時計が自然と出たように、状態はすこぶるいいですね。前走で見せたようにいい決め脚を持っている馬。今回も前走のように自分のリズムで運び、いいタイミングで追い出しができるようなら……と思っています」(西浦調教師)。 ◎京都金杯(57キロ)は行く気もなくシンガリから。エンジンが掛かった4角手前から外目を上がって行った時の脚が速く、その勢いのまま、前を行く11頭をゴボウ抜き。最速の末脚でクルーガー以下に快勝。初の重賞勝ちを遂げた。マイルCSでも最速の末脚で6着と破壊力はかなりのモノを秘めている。京都も◎で嵌れば怖い1頭になりそうだ。




11 ピークトラム
「この中間は順調そのものです。今週の追い切りの動きも良かったと思います。以前中央に所属していたので芝は問題ないし、ここでいい走りをして今後に繋がるようなら……と思っています」(山口浩幸調教師)。 ◎以前は中央に所属していた馬。芝のマイルで4勝を上げているが、頭打ちとなって地方へ移籍した馬。今回も苦戦は免れないだろう。

12 テイエムイナズマ
「転厩初戦で手探り状態ですが、ここまでは入念に乗り込んできたし、脚部不安の方は心配ありません。とはいっても、今回は長期の休み明けになりますからね。まずは1度叩いてから……と思っています」(武英智調教師)。 ◎1年以上に及ぶ長期休養明け+明けて8歳。休み明け初戦が重賞となる今回、即好走というほど甘くはないだろう。様子見が妥当。




13 カデナ
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。帰厩後はここを目標に調整してきました。前走はマイルに切り替えて期待していましたが、一瞬伸びかかったものの、結果は今一つ。1週前にある程度やってあるので、今週はラスト重点でしたが、動き・仕上がりともにいいと思います。輸送をすると体重が大幅に減る傾向があるので、輸送距離が近い京都に替わる点はプラス材料。マイルを連続して使うし、開幕週である程度の位置で脚を溜めるレースが条件になりますが、次に繋がるレースを期待したいですね」(白倉調教助手)。 ◎東京新聞杯は例によって後方から。直線は一瞬伸びかかったが、思ったほど弾けないまま、リスグラシューから0.8秒差の14着。弥生賞を勝って以来、精彩を欠いているが、距離は短い方がいいことは確か。立て直した効果が見られるようなら。

14 グァンチャーレ
「先週ある程度やってあるので、今週は反応を確かめる程度でしたが、いい動きでしたね。最近はレースで折り合いが付くようになったことで、坂がある阪神でも結果を出せるようになりました。それでもこの馬にとって重賞を勝っている京都に替わる点は大きなプラス。それにゲートも出るようになって、色々な面で大人になってきたことも確かです。相手は強くなりますが、条件が好転する今回は何とか賞金加算を……と思っています」(鳴海調教助手)。 ◎六甲S(阪神)は中団の前から。4角では勝ったロジクライの後ろまで迫ったが、最後まで差が詰まるどころか、逆に1馬身4分の3離されて2着。シンザン記念を勝って以降重賞に縁はないが、マイルは得意。京都替わりもプラスで見せ場くらいは作れても。

予想:馬連BOX

1 ヤングマンパワー

4 エアスピネル

5 サングレーザー

9 モズアスコット

10 ブラックムーン

14 グァンチャーレ