出走有力馬情報

ネロ

「前走後は放牧には出さず在厩しての調整。一追い毎に動きが良くなってきたし、ここまでは予定通りのメニューを消化。動ける状態に仕上がったと思います。中山は得意なコースだし、楽しみにしています」(日高調教助手)。 ◎京阪杯は11キロ増でも太目感ナシ。58キロを背負っていたが、果敢にハナを奪い、マイペースの逃げに持ち込む。直線も粘りに粘ってビップライブリーの急追をクビ差退けて勝利。当該レースは一昨年にエイシンブルズアイの4着だが、パワーアップした今なら可能性は十分。あとは斤量との戦いだけだろう。



ダイメイフジ

「追い切りの動きはいつもと変わりありませんが、今回は重賞で相手が一気に強くなりますからね。さすがに今回は今までのように行くかどうかとなるとどうでしょう」(森田調教師)。 ◎斑鳩S(京都・準オープン・芝1400m)は逃げたラズールリッキーの2番手。4角ではラズールリッキーを交わして先頭に立ち、そのまま後続を抑えて2着のロライマに3馬身差をつけて完勝。中1週続きとローテーションが厳しく、今回は昇級初戦+重賞。中山も実績がある馬だが、今回は様子見が妥当かも。



ラインスピリット

「前走は58キロを背負って勝ったように能力はありますね。今のところ馬体はキープできているし、今回は56キロでの出走。先週、今週と2週に渡っていい動きをしてくれたし、揉まれずスムーズなレースができればここでも……と思っています」(中山調教助手)。 ◎58キロを背負った淀短距離Sは逃げたアクティブミノルの2番手。直線もシッカリ伸びて粘るアクティブミノルをゴール寸前、クビ差交わして勝利。小柄な馬ながら58キロで結果を出したことは力を付けている証拠。良馬場を条件に、輸送で体重をキープできていればここでも侮れない1頭になりそうだ。



エポワス

「前走の阪神は馬場が硬かったことで時計・上りともに速かったですからね。この馬には条件が合いませんでした。この中間は一息入れて立て直しに専念。帰厩後は順調に調整ができているし、硬い馬場にならず、少しでも時計を要するようなら」(藤沢和雄調教師)。 ◎4か月振りの阪神Cは12キロ減でも、これは輸送により以前の体重に戻ったモノ。ただ、レース内容はほぼ後方のまま。見せ場らしい見せ場も作れずイスラボニータのレコード勝ちから1.4秒差の16着。明けて10歳となり、上積みにも疑問符。様子見が妥当か。



レーヌミノル

「1週前の追い切りは遅れたにしても好時計。今日はその時より動きが素軽くなっていましたからね。仕上がりはいいと思います。前走は揉まれ込んで持ち味を出せませんでしたが、スムーズなレースができれば見直せると思います。1200mは久々になりますが、対応してくれると思っています」(本田調教師)。 ◎阪神Cは中団のイン。勝負所では勝ったイスラボニータのすぐ後ろに付けていたが、直線に入ると伸び負けした格好で0.6秒差の7着。今回は2戦2勝の1200m。中山は初だが、GIIIなら上位争いに加わっても不思議はない。




買目はこちら