出走有力馬の情報

スズカデヴィアス

「先週、今週と坂路でいい動き。前走がもう一息といった惜しいレースで2着。冬場は本当に調子がいいし、好調をキープできていますからね。ハンデは想定内だし、急がすと良くないので、今回も自分のリズムに徹した競馬ができれば楽しみです」(橋田調教師)。 ◎白富士S(57キロ)は中団の後ろで脚を温存。直線は外に持ち出すと最速の末脚で勝ったマイネルハニーに鋭く迫り、アタマ差の2着。小回り・平坦は得意な馬。展開とハンデ一つで上位争いになっても。



ダッシングブレイズ

「右トモに違和感があったので休養。休みは長くなりましたが、今は回復しています。ここまで入念に乗り込んできたし、追い切りの本数も足りています。ハンデは仕方ないし、小回りの適性がどうかですが、スタートを決めてある程度の位置で競馬ができるようなら……」(吉村調教師)。 ◎エプソムCは好位のインでスムーズに折り合う。楽な手応えで直線に入り、前を行く2頭(2着のアストラエンブレム、3着のマイネルハニー)の内に潜り込んで最後までシッカリした脚取りで伸び、半馬身差を付けて勝利。初の1800mで結果を出した点は収穫。ハンデがカギになりそうだが、鉄砲は利く馬。立ち回り一つで可能性も。



トリオンフ

「前走がいい勝ち方。この中間も入念に乗り込んできたし、先週、今週と2週に渡って好時計をマークしているように状態はいいと思います。ここにきての成長が著しいし、今の勢いがあれば重賞でも期待できると思っています」(須貝調教師)。 ◎昇級初戦となった寿S(準オープン)は大逃げを打ったデンコウリキの離れた2番手。直線に入って仕掛けられるとラストの2ハロンを11秒1というハイラップで後続を引き離し、2着のエアウインザーに4馬身差を付ける完勝。小倉は得意とはいえ、今回は昇級初戦+重賞。ハンデ差を生かしてどこまでやれるかだろう。



ウインガナドル

「距離・コースを求めてここに。ハナにはこだわりませんが、先行した方がいいタイプなので小回りは合うと思います。神経質な面があるので輸送で馬体が減っていなければ力を出せると思います。54キロは許容範囲内なので、楽しみはありますね」(上原調教師)。 ◎菊花賞(不良)はマイスタイルの2番手を追走。向正面で押し出されるように先頭に立ったが、3角で早目に後続に来られてズルズルと後退。キセキから5.1秒差の16着と惨敗。小倉は“あすなろ賞 で7着があり経験済み。距離短縮はプラスでマイペースの逃げを打てるようなら。

買目はこちら