出走有力馬の解説

ファインニードル

「前走後は放牧に出し、帰厩後はここを目標に調整してきました。馬体に幅が出て、いい雰囲気になって戻ってきましたよ。
1週前にジョッキーに感触を確かめてもらってあるので、今週は馬ナリでしたがいい動きでしたね。ここにきて心身ともに成長が窺えるし、力も付けてきています。それに負けたとはいえ、GIに挑戦したこともいい経験になったと思うので、休み明けでも楽しみにしています」(高橋義忠調教師)。 ◎スプリンターズSはダッシュ一息で位置取りが後ろに。そこから促すと掛かり気味に一気に3番手まで上がったが、折り合いを欠いたことで直線では一杯。レッドファルクスの0.7秒差12着。GIIのセントウルSを勝っており、力は見劣らない馬。京都もOKだが、どちらかと言うと1度叩くと変わるタイプ。久々がカギになりそうだ。



アレスバローズ

「前走後は短期放牧を挟みましたが、ここまでは順調にきています。能力は重賞でも通用するモノを持っていると思うので、久し振りの当日輸送競馬をクリアして、落ち着いてレースに臨めるようなら……と思っています」(角田調教師)。 ◎叩き2戦目の南総S(準オープン・56キロ)は後方の外目を追走。勝負所から上がって行き、残り1ハロンで先頭に立ってそのまま後続を封じて2着のロードセレリティに1馬身差を付けて勝利。今回は昇級初戦+重賞、ハンデ差を生かしてどこまでやれるかだろう。



セイウンコウセイ

「短期放牧明けになりますが、帰厩後は入念に乗り込んできたし、この後に輸送を控えていることを考慮してラスト重点の追い切りをしました。寒い時季が合うのか、抑えるのに苦労するくらい馬は元気一杯です。前走のように積極的な競馬の方が持ち味を生かせるし、京都にも良績がありますからね。ハンデは仕方ありませんが、乗り慣れた鞍上の騎乗なので楽しみにしています」(上原調教師)。 ◎京阪杯は手応え良く先団に付けていたが、いざ追われるとピリッとした脚は使えず、ネロの0.2秒差7着。近走はもう一つ結果は出ていないが、立て直した効果が出るようなら見直しが必要だろう。ただ、GIを勝っているだけにハンデがカギになりそうだ。



キングハート

「前走は枠順と大幅な馬体減が敗因でしょうね。放牧を挟みましたが帰厩後は入念に乗り込んできたし、3週に渡ってビッシリ追い切ったので仕上がりは悪くありません。今日も馬場が悪いなか、マズマズの動きをしてくれましたから。京都コースには実績があるし、ポン駆けも利くタイプ。ここも楽しみにしています」(星野調教師)。 ◎オパールS(56キロ)は12キロ減でも数字ほど細くは映らず。大外から2番手を併走の形で運ぶが、直線は追い比べで脱落。ソルヴェイグから0.3秒差の8着。函館SSをレコード決着の2着、北九州記念4着から重賞でのメドが立っている存在。京都は相性がいいコース、ハンデ一つで見直せても。



ニシケンモノノフ

「前走後は放牧に出して疲れを取りました。帰厩後も順調に乗り込んできたし、今日はシッカリやりたかったのでビシッと追い切りました。動きは良かったし、馬体に緩さも感じられません。今回は久々の芝になりますが、斤量面と距離の関係でここを使うことに。未知な面はありますが、馬が充実している今なら……という気持ちはあります。今後に向けて選択肢が広がるようなレースができればいいですね」(庄野調教師)。 ◎JBCスプリント(大井・JpnI・ダート1200m・重)はダッシュよく逃げたコーリンベリーの3番手に付ける。直線は外から伸びてきたが、前がカベになると内目に進路を切り替えて4頭の接戦を制し、コパノリッキーをアタマ差制して勝利。パワーアップを認めても、今回は芝の一戦。どこまでやれるかだろう。