出走有力馬の解説

イスラボニータ

3年前のG1皐月賞勝ち馬。2400mのG1日本ダービーで2着し、2000mのG1天皇賞・秋で3着が2回と中距離以上の距離でも活躍していたが、最近はマイル以下の距離を主戦場にしている。
ここ一年は、不利のあったG1安田記念以外は全て連対と、高いレベルで安定。前走のG3富士Sは58キロを背負っての不良馬場と厳しい状況にあったが、好位から脚を伸ばして2着。勝ち馬エアスピネルとは斤量と道悪適性の差が出ただけで、内容は勝ち馬に負けないものだった。
京都芝1600mは、G1マイルCSで3、2着、今年のG2マイラーズCで勝利と適性も十分。皐月賞以来のG1勝ちへ向け視界良好だ。



エアスピネル

折り合い難を抱えながら、G1皐月賞4着、G1日本ダービー4着、G1菊花賞3着と、クラシックでは距離延長で成績を上げたほどの実力馬。マイル路線に矛先を向けた今年は大活躍を期待された。
G3京都金杯を勝って好スタートを切ったのだが、その後は惜敗続き。G1安田記念も5着に敗れ、一転中距離に活躍の場を求めたが、2000mのG2札幌記念も5着。再度マイル路線に戻し、G3富士Sに出走した。極度の重い馬場で他馬が苦しむ中、こちらはスイスイとレースを進め、最後まで危なげなく快勝。久々に、この馬らしい競馬を見せてくれた。
勢いをつけて、初G1制覇へ向かう。



サトノアラジン

デビュー当初は凱旋門賞も期待された大器。折り合いに苦しみ伸び悩んだ時期もあったが、マイル戦をベースにしてから成績も安定。猛烈な末脚を武器に、いつでもG1を勝てる力は感じさせていた。そして迎えた今年のG1安田記念。いつものように後方で脚を溜め、4コーナーでは先頭から大きく離れていたが、長い直線を駆使してグイグイ伸びると、逃げ込みを図るロゴタイプをゴール寸前に捉え、待望のG1勝ちを収めた。
この秋は中距離路線に挑戦し、G2毎日王冠は、G1級の強豪相手に唯一58キロを背負って2着。G1天皇賞・秋へ期待も高まったが、不運にも苦手な重馬場で最下位に沈んだ。
前走は参考外。マイル戦に戻り、改めて主役級の評価が必要だ。



サングレーザー

昨年のG2ホープフルSでも3番人気に推されたようにクラシックを目指した時期もあったが、気性難から距離短縮。鞍ずれで大敗する不運にも見舞われるなど、序盤はなかなかリズムに乗れなかなった。
間隔を開けてリフレッシュすると、流れも変わって急上昇。叩き2戦目の500万を勝つと、1000万道新スポーツ賞、1600万仲秋S と3連勝し、G2スワンSへ。相手が一気に強化されたが、この馬の勢いはとどまらず、先に抜け出したヒルノデイバローをしっかり交わし快勝。怒涛の4連勝で、いよいよG1に出走する。
たった4戦で500万クラスからG2まで突破したように、G1の壁も一気に突き破るのか。注目度は高い。



ペルシアンナイト

クラシック前に、G3アーリントンCを含む5戦3勝。負けた2戦も、後のオークス馬ソウルスターリングに敗れたオープン・アイビーSと、スムーズさを欠いたG3シンザン記念のみ。
デビュー以来5戦全てで内容の濃いレースを見せ、迎えたG1皐月賞。近3戦がマイル戦のため、距離に一抹の不安はあったが、内から鮮やかに伸びてアルアインに接近。惜しくもクビ差2着も、G1の舞台で通用することを示した。続くG1日本ダービーはさすがに距離が長く7着に敗れ休養。秋はマイル路線に矛先を向けG3富士Sに出走も、道悪に苦しみ5着で終えている。
G1で連続3着以内が続くM・デムーロ騎手鞍上は心強く、良馬場なら巻き返す。



レッドファルクス

かつてはダート戦を主戦場にしていたが、昨年のG3CBC賞を勝つと、次戦のG1スプリンターズSも勝利し、芝短距離戦線の主役を担う立場となった。
香港遠征で崩れた一戦を除けば他は好戦続きで、今年の春もG1高松宮記念で3着し、G2京王杯SCは快勝。久々のマイル戦となったG1安田記念でも、後方から伸びて3着に入線している。
この秋はG1スプリンターズSから始動。昨年同様、直線で桁違いの脚を見せてレッツゴードンキ以下を制し、見事に2連覇を達成。短距離王者の地位を守った。
今回はマイル戦だが、安田記念で距離の不安は解消済み。ここも大崩れは無さそうだ。



レーヌミノル

昨年夏のG3小倉2歳Sを大楽勝したが、距離が延びるたびに少しずつ成績を落としたため、G1桜花賞では8番人気にまで評価を落としていた。レースは4番手を追走し直線で先頭へ。そこへ断然人気のソウルスターリングら差し馬勢が殺到したが、最後はリスグラシューを半馬身抑え、クラシック一冠目を制した。
続くG1オークスは2400mが響いたか大敗。夏は休養に充て、G2ローズSから復帰し、目標のG1秋華賞に向かったが、道悪に苦しみ14着に終わっている。
近走は大敗が続いているが、距離や馬場など敗因は明らか。栄冠を掴んだ桜花賞と同じマイル戦に変わり、逆襲を開始だ。