出走有力馬の解説

クーンズリング

デビューから3連勝したが、G1は取れなかった3歳時。古馬になって末脚は更に磨きを増し、昨秋はG2府中牝馬Sを勝って、大目標のG1エリザベス女王杯へ。ペースが遅く先行勢が断然有利な展開の中、中団から上がり3F33秒2の末脚で抜け出し、粘り込みを図るシングウィズジョイを強襲。これをクビ差交わし、念願のG1ウイナーに輝いている。
G1勝ちの反動か、一時はスランプを思わせる時期もあったが、復活気配を感じさせたのが前走のG2府中牝馬S。結果は4着だが、先行有利の展開を中団から33秒3の脚で詰め、いい頃のデキに戻りつつある。
昨年勝った舞台で、能力全開できれば2連覇も見えてくる。




スマートレイアー

ここまでG1勝ちこそないものの、重賞は4勝している。以前は折り合いに難しいところがあり、中距離以上のレースに不安があったが、2400mのG1香港ヴァーズで5着し距離の不安を払拭。以降は1600〜2400mと多彩な距離で活躍している。
牡馬のG1級相手でも全く臆することなく、G2京都記念ではサトノクラウン相手に2着し、ダービー馬マカヒキに先着。G1の天皇賞・秋やジャパンCに繋がるG2京都大賞典でも、最内から強襲し牡馬の強豪を破っている。
戦ってきた相手を考えれば、牝馬同士ならG1を勝っても不思議はない。年齢的にもチャンスは少なくなってきており、ここは大勝負の時だ。




ディアドラ

G1桜花賞出走時は14番人気と低評価だったが、ここでメンバー最速の上がり時計をマークし評価は上昇。G1オークスでも4着し、徐々に存在感を増してきた。
夏に1000万HTB賞を勝って勢いをつけ、G3紫苑Sに出走。スローペースの中、中団やや後方から外を回る厳しい展開だったが、ゴール前の混戦をハナ差制し連勝。着差は少なかったが、相手を捻じ伏せる強い内容だった。迎えたG1秋華賞は重馬場だったが、力強いフットワークで豪快に伸び、リスグラシュー以下に快勝。3連勝でG1タイトルを勝ち取った。
そろそろ疲れが気になるところだが、ここ2戦がともにプラス12キロの馬体重を見ると、問題は無いと見て良さそうだ。




ミッキークイーン

G1オークス、G1秋華賞を勝ち2冠を達成。華々しい3歳時に比べると、古馬になっての2年間は7戦1勝と物足りなく見えるが、レース内容は決して悪くない。昨年末のG1有馬記念は、好位から伸びてサトノダイヤモンド、キタサンブラックから0.4秒差の5着。今年のG1宝塚記念でも、後方から直線一気に押し上げ、サトノクラウンの3着と、牡馬のG1級相手に好勝負。現役牝馬の中で、これだけの競馬ができる馬は少ないはずだ。
久々となるが、昨年も休養明けで3着に入線。2000m〜2400mのG1は5戦2勝3着2回で、着外は3歳時のG1ジャパンCのみ。今年も上位入線が期待できる。




リスグラシュー

ここまで9戦し2勝のみだが、G1の2着が3回あり、馬券圏内を外したのはG1オークスの5着のみと堅実に走っている。
430キロ台の馬体はデビュー時から大きく変わらず、体の成長は見られないが、精神的な部分では成長しているようで、秋初戦となったG2ローズSでも落ち着いて後方で脚を溜め、3着に入線。G1秋華賞では、後方から徐々に上がっていき、直線でディアドラの強襲にあったものの、モズカッチャンをしっかり捉え2着と、根性のあるところを見せた。
あまり距離が延びていいタイプとは思えないが、直線平坦の京都なら大丈夫。ただ、この相手に勝つには、これまでとは違う策も必要だろう。




ルージュバック

デビューから3連勝し、大器の評価もあった馬。その頃に比べると評価も落ち着きG1勝ちもないのだが、重賞勝ちは4つ。しかも全てが牡馬混合戦なのだから価値は高い。
昨年はG3エプソムC、G2毎日王冠と連勝。その後掲示板に載れないレースが続きピークも過ぎたかに思えたが、前走のG2オールカマーで復調。内から抜け出し、G1で好戦しているステファノスを抑えたのだから、再度上昇と見て良かろう。
G1オークスで2着はあるものの、他のG1では7戦して3着以内が一度もない。世界的名手ムーア騎手を鞍上に迎え、これまで以上にチャンスがある今回。今度こそG1で結果を残したいところだ。




ヴィブロス

ヴィルシーナ、シュヴァルグランの妹という血統から期待は当然高かったが、3歳春頃はG3チューリップ賞、G3フラワーCで12着と惨敗し、まだまだ力不足は否めなかった。
昨年夏以降から急上昇し、G1秋華賞では中団から鮮やかに抜け出し、初重賞勝ちをG1で飾っている。今年はG2中山記念から始動し、G1ドバイターフへ。名手モレイラ騎手を背に世界の強豪を堂々抑え、2つ目のG1を海外で獲得している。その後、春競馬は休養。海外遠征の疲れも癒え、秋初戦のG2府中牝馬Sは、展開利を生かして逃げ切ったクロコスミアを追い詰める2着と、順調なスタートを切っている。
古馬になって馬体も増え、今が充実期。3つ目のG1勝ちも近い。